自然療法・代替医療

2013年8月 3日 (土)

ひょんなことでアロマが人のお役に立ちました

おはようございます。

今日の東京は、少しひんやりした朝を迎えましたが、
さすがにこのところ長く続く厳しい暑さで、体調を崩される方も多かった様に感じます。
皆さんは大丈夫ですか?

先週、私は外出先で、自分の目の前でクラクラと倒れた女性の介抱をするという
経験をしました。

ご本人いわく「過呼吸かも・・・」とのこと。確かに呼吸が苦しそう!

すぐに、上半身を締め付ける下着を緩めてその場に横になっていただき、
私もゆっくり呼吸を整えるお手伝いをしました。
大丈夫、大丈夫・・・と、5分ほど背中をさすっていると、
次第に生気が戻られてきました。

通常、過呼吸で亡くなることはありません。
でも、呼吸が苦しいと誰でもパニックになるもの。
まずは、安心していただくことが大切です。

ところで、私は仕事柄というか趣味というか、
日頃からバッグには何かしらアロマグッズが入っています。
この日は自分用の”エナジーチャージのための塗布剤”が入っていました。

タイム・サツレオイデス、ローズウッド、スイートオレンジのブレンド。
そう、このブログでも先月レシピをご紹介した塗布剤です。
バッグに入っていたのは、まさに、
その時のブログ記事に併せて自分で作ったブレンドボトルでした。
http://stilla-aroma.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-fbca.html

その女性が落ち着きが戻られ始めたタイミングを見計らって、
もしもお嫌いでなければ・・・とご本人の反応をよく見ながら
塗布剤の香りを少しだけ嗅いでいただきますと、、、

”ポン!”と音がしそうなくらい、その女性のお顔の表情が和らいだのです!

ワ、何ですか?いい香りheart02

その瞬間、きっと一気に彼女の心身のバランスが、良い方向に向かったことでしょう。
なんだか一瞬で、気持ちも体調もすっかり安定感が増された様に見えました。

やっぱり嗅覚刺激はすごいです。

嗅覚の作用を考える時、
その香りが《本能的にご本人の好みやお気持ちに合うか?》というところが
非常に大きなポイントになります。

それは、ご本人しか絶対に分からない感覚なんです。
気持ちに合わない香りならば、逆効果。
場合によっては心身を強く緊張させることもあります。
ですから、この時は普段スクールで元気な方に香りを試していただく時とは
全く違って、かなり慎重に様子をみました。

ですが、実は内心、この状況の彼女のお好みにかなり合うのではないかな、
とも思っていたんです。

というのも、2つの理由があります。

(1)このブレンドに入っているタイム・サツレオイデスやローズウッドは
非常に神経系の働きを強化・安定させる作用が強い。

私たちの”鼻”は、自分のココロとカラダに必要なものは何か?ということを
”好みの香り”を通じて、私たちに教えてくれます。

全身のホメオスターシスのバランスが大きく崩れた今回の様な状況の時は、
神経系を安定させることが非常に重要になります。
そういう働きの強い成分をたくさん含んだ上の2つの精油は、
(薬理作用目的の皮膚塗布ではなくても)
きっと、この方が今、かなり”欲しい”と感じる香りなのでは?と推測していました。

(2)この女性は色白・丸顔の方で、フワッと柔らかそうなお肌と身体つきをされていました。
全体的に、こういう体質の方はこのブレンドに入っているスイートオレンジのような
柑橘系の果皮の精油がお好きな傾向がある。

彼女はこのブレンドの香りで”ほぐれる”結果となりましたから、
まさにビンゴ!の香りだったようです。

良かった!

こんなことで、思いがけず人様にアロマでお役に立てて嬉しかったです。

精油さん、あなた達ってやっぱりすごいね、ありがとね。

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine

 

2013年7月23日 (火)

クローブで口腔内の鎮痛

今日は午後に近所の歯医者さんへ。

少々お恥ずかしながら、
定期健診で虫歯が発見されてしまったので、
ここのところ、その治療をちょこちょこ進めていただいています。

実は、10年くらい歯は全く問題なしで来ていたから、
正直、ちょっと油断しちゃったかな。
もちろん、通り一遍のケアはしていましたけれど、
歯科衛生士さんのお話など伺って、
お口の健康のケアももっとしていかなくっちゃ~と気付かされました!!

大自然に生きるライオンは、虫歯になってしまうと
途端に王者から転落し、生きていけなくなるといいます。

私も、もしも自分が200年前に生きている人だったら、
今回のような1,2本の虫歯でも、
食事がうまく摂れなくなったりして、
大きく健康を損なうキッカケになっていたかも。

治療していただく技術がある現代でセーフでした。
その上で、やっぱり予防医学的な気持ちを持って日常を過ごすってことが
一番大切な気がします。

それで帰宅後のお話。
治療の際に打っていただいた麻酔が先ほどから徐々に切れ始めました。
気付いていなかった上顎の疼痛がリアルに出てきました~(+o+);;;

こんな時は、やっぱり今日も精油の木箱を開けまして、
医療用グレードのプラナロムのクローブ精油さんに助けてもらうとしましょう。

クローブは作用が激しい精油なので、
取扱いや使用法には注意が必要なんですが、
その性質を正しく理解して、使って行けばとても有用です。
色々な使い方があるけれど、歯痛などの口腔内の鎮痛もとても得意なんですよ。

Img_2874_1

ちなみに、この精油に対する正しい知識をお持ちでない方は、
むやみに身体にはお使いにならないでくださいね。

でも、ちょこっと基礎知識を備えたら、
色々な方面に利用できて本当に便利です。

ああ、このブログを書いているうちに、
痛みが気にならなくなりました。←ホント!

今日も精油に感謝!

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様に
shine


 

2013年6月28日 (金)

今月はナードの農場研修に行ってきました

こんにちは。
6月も下旬、すっかり蒸し暑くなりましたが
お元気でしょうか?

今月は、富士山の世界遺産登録のニュースに湧きましたねfuji

富士山には私は過去3回、ご来光を拝みに登山したことがあって、
ほんの少しですけれども、その時に
富士山の雄大さ、厳しさ、そしてその魅力に触れさせてもらいました。

なので、この世界遺産への登録をきっかけに
日本の富士山の素晴らしさが世界の皆さんにも知っていただけることは
個人的にも大変嬉しく思います。

ただし、、、
今回の登録は、文化・芸術面での評価において、であって、
残念ながら、富士山の自然・環境面での評価ではなかったということ。
そして、その大きな要因には、
登山者によるゴミや汚物の処理の問題があった、ということ。
祝福と同時に、これらも直視しなければならない事実だとも感じました。

世界遺産の自然遺産には登録されていないけど、
ほんとうに自然環境も素晴らしいねeyeshine
と、誰もが認めるような富士山に、
これから私達みんなで”回復”させてゆかなくてはならないですね。

さて、今月は8日(土)に、私は東京からすこーしだけ、
富士山寄りのエリアに足を伸ばして参りました。

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)の山梨県甲斐市の
実験農場での農場研修です。
今回はStillaアロマテラピースクールの受講生3名様とご一緒に、
グループで参加しました。

ご存知ない方のためにご紹介させていただきますね。
ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)、というのは、
フランス式のメディカル・アロマテラピーのテクニックを
日本のご家庭で安全に正しく取り入れるための活動を
行っている協会です。
本部はベルギーにあるNARD(Natural Aromatherapy
Research and Development)で、
NARD JAPANはその日本支部です。
http://www.nardjapan.gr.jp/
私もNARD JAPANの会員です。(AEAJ会員でもあります。)

そして、この山梨での農場研修は、主にNARD JAPAN会員向けのものです。
(非会員の方も、会員の方の同伴があればご参加いただけます。)
毎年参加希望者が多く、特に5月6月のローズ収穫の時期は大人気。
ローズ目当てに予約が殺到するので、私も数か月前から予約しておりました。
もちろん、私もローズ目当てでしたheart02

とにかく、NARD JAPANのこだわりはやっぱりすごいんですよね。
様々なハーブ類を、びた一文、農薬などを使わず
スタッフの方々の情熱と努力と工夫をもって
完全無農薬で育てあげています。
(そんな、完全無農薬の広大なローズ畑でお花の刈り取り体験ができるなんて、
めったにないでしょう?
この時期のこの研修は、多くの会員にとって貴重なチャンスです。)

しかも、そこで育てたハーブを蒸留して精油やハーブウォーターとして
生まれ変わらせた時に、その製品を分析しても、
一切、農薬やら重金属類など土壌・環境からの汚染物質が
検出されないのですから、本当にスゴイ話です。
残念ながら、世の中のアロマ業界の基準はこんなに厳しくないのが
現実です。

このブログでも何度も登場させていますが、
今では私の暮らしに欠かせない存在となった健草医学舎(Kenso)の
ハーブウォーターは、ほとんど全商品がこの農地で生産されています。

以前、この農地の開墾時代のご苦労話をお聞きしたことがあります。
だから、毎年のハーブの栽培だけでなく、
過去から遡っての長年のスタッフの方のご苦労を思うと、
ほんとうに頭が下がるばかりです。

こういったことをコツコツと地道にやり続ける、
やり抜いてくれる、ひたむきな情熱を持った人々がいるお蔭で、
私も暮らしにハーブウォーター等の恵みを享受させて
いただいているんだなぁと、
もちろん東京に居ても使う度に意識はしていますが、
やはり現地に赴くと、気持ちが引き締まりますsign01

私が愛用するプラナロムの精油も、これと全く同じ基準で
世界各国で育てられたハーブから作られています。
当然、メディカル・アロマに使える「医療用グレードの精油」として、
ヨーロッパ諸国で認可されるためには、
まずそういう基準での作り方が必要だ、ということがありますが、
そのもっともベースのところには、
やはり共通して、携わる人々のひたむきな情熱があるわけです。

精油にしてもハーブウォーターにしても、
その作り手、携わった人々のスピリットの様なものが
しっかり入り込みます。
自然療法という分野であるアロマテラピーは、
どういったアロマのブランドを使うか、ところも、
かなりセラピーの質に影響・特色が出てくると感じます。

だから、このように実際に農地を見学できて、
生産者の方と直に触れ合う機会がある、というのは、
セラピーをする側としても色々と具体的な手応えが感じられるので、
とても貴重です。

次回は、農場研修で撮った写真をメインに、
レポートをお届けします。

お先に、当日の畑の写真だけご覧いただいておきましょうね。
お天気に恵まれ、また、色々なラッキーが重なって
びっくりするくらい咲き乱れたローズ畑でした。
2013rose1_2

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine




 

2012年9月11日 (火)

【免疫力UP・疲労回復ケア】講座:9/15(土)追加開催のお知らせ

          ~アロマと暮らす。しなやかに生きる。~
       shineStillaアロマテラピースクールからのお知らせshine

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今週9/15(土)10:00~12:00に、
精油のお薬箱講座《メディカルアロマで免疫力UP・疲労回復ケア》
の追加開催が決まりました。

ご参加希望の方はいらっしゃいませんか?
ご予約いただけます。
(受講料4,000円 ※テキスト代・材料費全て込み)

 cloverお問合せ先:
    03-6314-2564 または info@stilla-aroma.com(富田)まで。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

夏の疲れがたまったところに、季節の変わり目が訪れる
これからの時期。

毎年、季節の変わり目が苦手で。。。sweat01
病気ではないのに、最近なんだか元気が出ない。。。down


そういう方は、お家で簡単にできるメディカルアロマテラピーの
アロマケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

精油には、私たちの身体の免疫力をUPupさせてくれたり、
疲労回復をサポートfujiしてくれる薬理成分を持つものがあります。


この講座では、こういった目的にぴったりの精油や
メディカルアロマテラピーのブレンドのテクニックを
分かりやすくご紹介しています。

実際に、実習にて医療用グレードの精油をふんだんに使った
アロマケアアイテムを手作りしていただきます。
学んだその日から、手作りしたアイテムを
楽しく日々のヘルスケアに活用できると好評ですheart04

他日程での開講も承ります。
ご興味ある方はお問合せください。
 cloverStillaアロマテラピースクールの【講座カレンダー】はこちらです。


いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine


2012年8月20日 (月)

夫のものもらいにハーブウォーターでケア

今日は月曜日。

一昨日の土曜日の午後、夫の左目が”ものもらい”の様な状態に
なってしまいましたwobbly

そういえば、前日の夜、
「なんだか目が・・・(ごにょごにょ)catface
みたいなことを言っていたっけ。。。

本人も私も、その時は全く気に留めておりませんでしたが。
きっと、その頃から何か違和感あったのですね。

で、よく見ると、

夫は痒いと言って、まるで子供みたいに手でゴシゴシ
目をこすっているではありませんかsign03

おおぅっsign02なんてことをsign02

まず、それは止めようよ・・・。

そして・・・お医者様hospital

なのですが、なにせ土曜の午後。

この時間に受診できそうな眼科を探してゆくのも、
少々(というか、かなり)面倒くさい。。。

ドラッグストアで、ものもらい用の目薬を
買って来ても良いのだけど、、、

とりあえず、アロマケアで様子を見てみようかcoldsweats01

アロマや目薬でのケアでとりあえず週末をしのいで、
相変わらずだったら、月曜日に眼科だねgood

みたいな会話があって、
夫のものもらいのケアに用意したのが、こちらです。
danger注意danger
目のケアには<精油>は絶対に使ってはいけません!


Kenso

我が家でいつもスキンケアから
各種疾病・トラブルのケアまで、
様々な用途に愛用している、
Kenso(健草医学舎)のハーブウォーター。

cloverハーブウォーターとは、ハーブの芳香成分を微量に含む
「芳香蒸留水」と呼ばれるものです。
原料ハーブを水蒸気蒸留して精油を抽出する際に、
副産物の形で一緒に出来上がります。

Kensoハーブウォーターには、とにかく
たくさんの種類の商品があります。
この日は手元にある種類の中から、
「ラベンダーウォーター」と
「ローズゼラニウムウォーター」を選択しました。

細かいミスト状に広がるスプレーボトルなので、
15cmほど離れた距離からなら、
開いた目にスプレーしても全く問題ありませんでした。

片目ずつ、2種類のハーブウォーターを
それぞれ1回7プッシュ程度を噴霧し、目をぱちぱちeyeshine
洗浄と消毒のイメージです。
それを1日5回~7回程度。

さて、明くる朝の日曜日。

正直、これは我ながらびっくりしましたup

外見上はほぼ回復していたのですheart02

でも、本人は、まだ少しだけ違和感を感じるということで、
この日も一日このケアを続行しました。

そして、ついに本日・月曜日。

全く問題なくなっておりました。

一応、非常に簡単なケアなので、今日も念のため
続けてもらっています。

『ケモタイプ精油辞典ver.7』の『処方集』を見ると、
ハーブウォーターによる目の疾病ケアの処方例では、
「洗浄」以外にも、
「接眼ガーゼなどに適量を浸して湿布」という風に書かれています。
重症な場合は、やはりそうするのが理想的ですね。

ハーブウォーターを使った疾病ケアは今、
看護・介護の方を中心に、大変注目を集めていますが、
まずは、使用するハーブウォーターが
疾病ケアに使えるグレードかどうかを確かめることが必要です。

利用して大丈夫だと確実に判断することの出来ない物は、
疾病ケアには利用しないでくださいね。


Kensoハーブウォーターには、商品に蒸留ロット毎の分析表が
添付され、以下のものの混入が無いことが証明されています。
* 大腸菌・一般細菌類
* 農薬
* 重金属類
* セシウム
例として、「ローズゼラニウムウォーター」の分析表はこんな感じ。
http://www.pranarom.co.jp/product/herbwater/kh011.html

そして、防腐剤、添加物等も一切入っていません。

防腐剤を入れなくても、パッケージ未開封の場合は
常温でも何年も腐らないことが、
メーカーの実験で確認されています。
(水モノの商品で、これはものすごいことです。)

しかしながら、消費者の手元で
開封した後の管理の良し悪しによっては
当然、ハーブウォーターへの雑菌混入~繁殖なども
考えられます。

今回の様に、特に目に利用する時などは
開封直後に近い、できるだけフレッシュな状態の
ハーブウォーターを使うことが大切です。

ハーブウォーターの取り扱いについては、
* 開封後は適切な保存方法を守りましょう
(冷暗所。冷蔵庫の野菜室くらいが適温)
* 使うときは、雑菌等ができるだけ入らない様、清潔に扱いましょう。
* 開封したら3か月以内に使い切りましょう。

品質さえしっかり保てば、ハーブウォーターは実は精油以上に
日頃のアロマケアに活躍してくれるスグレモノ。

精油の様な禁忌などを気にする必要もなく、
アロマの知識無しでも、優しい香りやナチュラルな使い心地を
楽しめるアイテムでもあります。

Kensoハーブウォーターにご興味ある方は、
下記リンクをご覧くださいませ。
この会社のアロマと商品の品質に対する、熱~い想いが
じわじわと伝わってくると思います^^

info02「Kenso国産ハーブウォーターの特徴http://www.pranarom.co.jp/product/herbwater/index2.html
info02「健草医学舎」HP http://www.pranarom.co.jp/

 いつも応援ありがとうございます!
Stillaのブログとスクール活動が皆様のお役に立ちますようにshine

2012年4月 7日 (土)

デトックスと体質改善の関係

cherryblossom桜がきれいな季節になりましたねheart02
外に出ると春の空気を感じます。新緑の香り、匂い立つ土の香り・・・。
じっと耐えるような冬があけて、地球の生命力がいよいよ表れてくるよう。
ほんとうに素敵な季節!

全てにおいて、この”内側から外側に出てくる”という雰囲気を含んでいるのが
春の季節の特徴です。
だから、デトックスにも最適な時期なんでしょうね。

先月のブログでも書きました通り、我が家では
春分の少し前頃から3週間、メディカルアロマのデトックスブレンド(経口用)を
夫婦で飲んで参りました。

肝心のこの3週間の体調の変化といえば、
私の場合は結果として、お肌の調子が良くなりましたよnote

実は、服用を始めて2週間目に、いつになく額に
妙にプツプツが出てきたので、アレレ?!って感じだったのですが・・・

(というのも、ここ数年の私の肌質では、カサカサにはなることあっても、
プツプツは滅多にないので)

途中でようやく、ああそうかeyeflairと。
これも、デトックスの作用だろうなと気づきました。
体内にあった”不要な物質”が、皮膚からも排出されたのだろうと思います。
きっと全身でこういうことが起こっていたはず。

身体の排毒器官で有名なのは肝臓や腎臓ですけれど、
皮膚や髪の毛なども、立派な毒素排出器官なのです。


その後はお蔭様で、お肌はスッキリ整いました。

普段、私たちは気付かないうちに、もしくは気付いていながら、
どうしても様々な”不要な物質”を体内に取り入れていますよね。
例えば合成化学物質の防腐剤や添加物、農薬、環境ホルモン
今では気を付けなくてはならなくなってしまった放射性物質など。


”不要な物質”を取り入れる経路は、何も口からばかりとは限りません。
お肌からも体内に取り込まれる場合があります。

そういったものの危険性は「経皮毒」という言葉で表現されていますが
ご存知でしょうか?

化粧品・洗剤といった、皮膚に毎日つけるもの、触れるものに対しては
まだまだ意識が後回しという方もいらっしゃるかもしれませんが、
もしも今まで全く気にしていなかったsign01という方は、
食品と同じくらいには意識されることをおススメしますgood

私たちの身体はナチュラルな生身のボディでできています。
だから、身体の内側からにしろ外側からにしろ、
ケミカルなものを多くため込むことは毒になりますbomb
本来身体に備わっているデトックス(排毒)機能が間に合わず、蓄積します。

そういった状態では、身体本来が持っている免疫力も十分に発揮しなくなるし、
時にはストレスなどをきっかけに免疫機能が暴走気味になり、
アレルギー・アトピー体質に傾きやすいと言われています。
その他にも、ホルモンバランスを乱すとか、色々あるようですよ。
”不要な物質”の蓄積は百害あって一利なしですね。

まるで呼吸のように、毎日が取り込み(吸)と排出(呼)の繰り返しで
私たちの身体は絶えず作り直され続けています。


日々、身体の内側からと外側からの両方から、
できるだけピュアなものを取り入れる(吸)。

同時に、身体にたまった老廃物や”不要な物質”を、
できるだけスムースに排出する(呼)。

その上で、季節に合わせて定期的にスペシャルなケア(吸)や
デトックス(呼)を行う。


このような呼吸のようなリズムとサイクルのある暮らしは、
健康・美容の観点からも大変理想的です。
また、デトックスは体質改善にダイレクトに繋がります。
不思議と、気持ちの面でもスッキリするものですよ。

残念ながら、健康や美容に関して、何か一つだけで絶対OK的な
「特効薬」はありません。
全てがホリスティックにリンクしています。

ストイックになり過ぎず、適度にリラックスしながら、長い目をもって
健康的で美しい毎日を重ねていきたいものですねshine

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01

2012年3月29日 (木)

乳幼児の胃腸炎&下痢のケア用ブレンド

もうすぐ1歳5か月になる娘。
食欲旺盛で元気が取り柄な子なのに、
珍しく一昨日の夜から体調を崩しております。

胃腸炎です。
昨日、hospital小児科の診察を受けました。
予防接種での通院を除き、これが彼女の人生二度目の受診でした。

人生初の受診は4か月ほど前だったかしら、予防接種の後に発疹ができた時。
それ以外の体調不良といったら、今までは風邪をひくくらい。
ひいても精油でケアすれば治ってしまっていたので、
病院には縁遠い日々だったのですが・・・。

さすがに小さな子供が嘔吐は痛々しいですねぇweep

嘔吐する娘の姿を見て、夫は
ゾンビ映画みたいでショックだった、とか
ひどいことを言っていました。 オイオイdash

そんなこんなで、一夜あけた昨日、娘を小児科で診ていただいたわけです。

処方されたのは、吐き気止めの座薬を1回分と、抗生物質と整腸剤を3日分。

座薬はともかく、抗生物質と整腸剤の粉薬は思った通り、
なかなか飲んでくれません。
ぬるま湯に溶いて、少しシロップで甘味を着けて飲ませても
何か気に食わないらしく全部飲まず、途中でムスッpoutとした顔で
ふて寝に入ります。

1回くらいは仕方ないけれど、毎回これでは
子供とバイキンの体力勝負になってしまうよ・・・。

昨晩はふて寝から本寝sleepyに入ってしまい、もうお薬は飲んでくれないし、
寝ている間にも、バイキンはお腹の中でどんどん勢力を増してゆくから・・・
仕方ないなーと、深夜、ドロドロに眠い目をこすりながらアロマ部屋へ。

メディカルアロマテラピーの世界では、感染症各種には、
プラナロムの”オレガノカプセル”(経口用)が絶対的エースsign01
しかし、残念、5歳以下の子供と妊産婦にはNGなんですねdown

なので、作用はこれに比べると穏やかになるけれど、
1歳児でも使える精油を選んで、塗布剤の形で用意したのがこちらです。
病院で出されたお薬と併用して問題ナシですgood
Photo
それでは、精油の木箱をあけまして。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

乳幼児の胃腸炎&下痢のケア用ブレンド

  danger
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

《レシピ》 ・・・ 5ml遮光瓶1本分 

●精油●
   パルマローザ 9滴
   バジル 2滴
   ラヴィンツァラ 8滴
   ファーナス油 5ml

●使用法

   1日4回、1回6滴~8滴を腹部・背中に塗布。


※精油はすべてプラナロム使用
※このブレンドの精油濃度は、約16%です。
※作り方・・・遮光性のガラス瓶に、各精油を入れ、ファーナス油を入れてよく混ぜる。


danger
禁忌danger--------------------------------------------------
このブレンド剤は、用法容量を守れば特に禁忌はありません。

danger注意danger--------------------------------------------------
パルマローザは原則として出産時以外の妊婦には使用しないでください。
(高濃度含有するゲラニオールに、子宮収縮作用があるため)

バジルは乳幼児や敏感肌の方には、50%以下に希釈して使用しましょう。
(高濃度含有するチャビコールメチルエーテルが皮膚を荒らす可能性があるため)

※このブレンドのバジルの濃度は、約1.7%です。
-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。


塗布剤タイプって、とても便利なものですね。
眠っていても、子供のお腹に塗ってあげれば済むって
すっごく助かるんだわーと、便利さを再発見しました。
嬉しいことに、このブレンドは香りもフローラルハーブ調ですごく爽やかheart04

パルマローザは、乳幼児にも安心して使える優しい精油のひとつです。
モノテルペンアルコール類のゲラニオールをたっぷり含み、ローズ調の香りshineが特徴です。
良い香りとともに、ゲラニオールに収れん・皮膚弾力回復などの作用があることから、
美容面で重宝されることが多い精油ですが、
ゲラニオールには非常に高い抗菌・抗真菌作用もあるので、
乳幼児の感染症対策にも利用することができます。

バジルはフェノールメチルエーテル類のチャビコールメチルエーテルが主体。
原液や高濃度のブレンドでは、乳幼児や敏感肌の方の肌には
ピリピリとした刺激を感じさせてしまいます(私も感じることがあります)。
でも、50%以下に希釈すれば問題はないでしょう。
フェノールメチルエーテル類はとにかく痙攣を抑える作用が高いんですsign01
そして、鎮痛作用も高い。
胃が痙攣したり、下痢でキューっと腸が差し込む様な状況には、
こういった作用を持つ成分が大きな助けになりますよ。

更に、チャビコールメチルエーテルには消化促進作用もあります。
バジル精油全体として健胃作用もあります。
胃の働きを良くして、腸を整えてくれることが期待できます。
やっぱり古くからお料理に使われてきたようなハーブって、
精油にしても胃腸に良いものが多いですねclover

今回のブレンドでは、バジルは1.7%と少な目にしていますが、
もっとお腹の差し込みが苦しそうな場合は、
もう少し濃度を上げた方が良いでしょう。

ラヴィンツァラも、パルマローザと並び、乳幼児にも安心して使える精油です。
この精油は、抗ウィルス作用の高い酸化物類の1,8シネオールが
成分の約半分を占め、
残り半分がモノテルペン炭化水素類とモノテルペンアルコール類で
構成されています。
抗ウィルス作用とその他の作用により、風邪・インフルエンザのケアで
多用される精油ですけれど、それだけではもったいない。
ウィルス性の疾患には非常に幅広く対応できます。

ところで、今回の娘の胃腸炎の原因は、細菌性かウィルス性か
その点は分かっていません。
ですので、細菌・真菌が得意なパルマローザも入れるし、
ウィルスに得意なラヴィンツァラも入れました。

お薬を服用しつつこのブレンドを塗り始めて16時間くらいが経過した今、
娘はまだお腹は下していますが、熱も収まり(昨夜から発熱していました)、
目を開けて顔をこちらに向けてくれたり、少し動きだしたりし始めましたhappy01

パルマローザもバジルもラヴィンツラも、含有成分に
それぞれ身体や神経などを強壮させる作用や
免疫をアップさせたり、免疫のバランスを整える作用などを持っています。

外敵を退治しながら、同時に私たちを元気にしてくれるなんて。
大自然由来の素晴らしい力に、またまた今回もお世話になりました(=゚ω゚)ノ

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


2012年3月14日 (水)

春&秋の【経口用】デトックスブレンド

「春の皿には苦味を盛れ」cloverという言葉があります。

春はフキノトウや菜花など、”ほろ苦い”野菜が旬の季節。
そんな”ほろ苦い”食材は、
冬の間に代謝が落ちた私たちの身体を
内側からシャキッと目覚めさせてくれると言われています。

このあたりのことは、
アンチエイジング情報サイト「モンナージュ」に、
「春野菜でデトックス&エネルギーチャージ」という記事で
分かりやすく紹介されています。
ご興味あればチェックしてみてください。

さて、お題の”デトックス”ですけれども、
これは精油の薬理面を最大限に活用するメディカルアロマテラピーも
大の得意分野♪
肝臓に働きかけ、たまった毒素をパワフルに排出する内容の
精油ブレンドを【経口投与】という形で利用します。


やっぱり、洋の東西問わず、デトックスは春なんですね。
フランス式メディカルアロマテラピーでも、

デトックスブレンドは、春、そして、秋にも用いるべし。

ということになっています。

今年も春分がもう目前。
そろそろ我が家でもデトックス週間を始めようか~。
ということで、
今朝から夫婦共にshineデトックスブレンドshineの服用を始めましたnote
Photo
写真中央のブルーボトルが、今回作ったブレンド剤。
右奥の精油5種を使った、精油100%の原液です。

更に、左側には「はちみつ」の瓶がありますね。

そう。
このブレンド剤は、
朝夕にそれぞれ1,2滴をはちみつ等に混ぜていただくもの

なんです。

メディカルアロマテラピーをご存知ない方の間で、
言葉が勝手な一人歩きしている感があるのですが、

【精油の経口投与】、【精油の服用】、といっても、
何も、精油を健康ドリンクの様に、
beerゴクゴク飲むbeerということでは、決してありませんから!


今まで私は一度も、精油をゴクゴク飲むような処方を目にしたことはありません。
実際は、精油を植物油で希釈したものをカプセルに詰め、
サプリメントのような形のものにして飲んだり、
今回の様に何かに1,2滴トッピングして食べたり、という感じです。


そして、
フランス式メディカルアロマテラピーの大前提、
danger医療用グレードの精油を使うdangerということを必ず守って行います


それでは、精油の木箱をあけまして。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

bookこのレシピは、2009年ナード・アロマテラピーセミナーの
「メタボリック症候群の予防とアロマテラピー」の講演の中で

ドミニック・ボドゥー薬学博士が紹介された、
「身体の全排出器官の洗浄(経口)」ブレンドです。


  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

《レシピ》 ・・・ 10ml遮光瓶1本分 

●精油●
   ロベジ(根) 0.5ml
   シナモン(樹皮) 1ml
   ジンジャー 3ml
   ローズマリー・ベルべノン 2ml
   ブラックスプルース 3.5ml

●服用法

   朝と夕、1回2滴を小さじ1杯のアプリコット油あるいはハチミツに垂らして服用する。

   
春と秋にそれぞれ3週間続ける。 

※精油はすべてプラナロム使用
※作り方・・・遮光性のガラス瓶に、各精油を入れる。(ブレンド剤は100%原液です)


danger禁忌danger--------------------------------------------------

5歳以下の乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、高齢者、神経系の弱いてんかん
患者の方には、このブレンドは使用しないでください。
(ローズマリー・ベルべノンに含まれるケトン類が、神経毒性・堕胎作用を持つため。
同時に、シナモン(樹皮)には、作用が非常に強いケイ皮アルデヒド類と
フェノール類が多く含まれるため、5歳以下の乳幼児、妊婦、授乳中の産婦は
こちらも禁忌にあたります。)

danger注意danger--------------------------------------------------
ロベジ(根)とシナモン(樹皮)は、原液では皮膚刺激が強いため、
皮膚に原液が付着しない様にご注意ください。
万が一付着した場合は、植物油を含ませたコットンでふき取ってから、
石鹸と大量の水で洗い流してください。
※ロベジ(根)もシナモン(樹皮)も、10%(最大20%)以下に希釈すれば
皮膚刺激は問題ないとされています。
このブレンドでは、それぞれ0.5%濃度と10%濃度です。

-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

もちろん精油は香りが強いので、1、2滴でも口に入れると
パッと強い風味が広がります。
でも、ハチミツの甘さがなんとも上手に包み込んでくれて、
ともすると、日本の生姜糖に似た印象のフレーバーに感じます。
私は結構、この風味、好きです~goodheart02

このブレンドで特に大切なのは、
ロベジ(根)に含まれる成分の、強力な肝臓解毒・腎臓排液促進といった作用と、
ローズマリー・ベルべノンが持つ、肝臓を始めとする消化器全般を元気にして
働きのバランスをとってくれる力でしょう。

更に、便秘や消化不良といった消化器系のトラブルを調整してくれるジンジャー。

強力な抗感染作用(抗細菌・抗ウィルス・抗真菌)によって
肝炎・腸炎・腎盂腎炎といった各器官の疾病に対処してくれるシナモン(樹皮)。

多量に含むモノテルペン炭化水素類のコーチゾン様作用から
副腎皮質ホルモンの補充・調整を行ってくれる、ブラックスプルース。

これらの名脇役たちが、上手にブレンドをまとめてくれています。

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


          ~アロマと暮らす。しなやかに生きる。~
       shineStillaアロマテラピースクール
からのお知らせshine


この春、Stillaアロマテラピースクールの<精油のお薬箱講座>でも、
”精油でデトックス”のテーマが登場します。
今回のブレンドはもちろん、その他にもレシピをご紹介&解説を行います。
もちろん、デトックスブレンドを教室で実際にお作りいただき、
ご自宅でお使いいただけます。

今回はシーズン限定のテーマです。
ご興味ある方はぜひご参加ください。

clover<精油のお薬箱講座>のご案内はこちらです。
cloverご質問、お申込み、その他のスケジュールのご相談等は、
info@stilla-aroma.com または03-6317-3716 富田まで
お気軽にご連絡ください。

2012年2月12日 (日)

痒み肌用ジェル(アトピー、アレルギー)

先日、夫が肌が痒いsadsweat01と言うので、痒み肌用ジェルを作りました。
それがこちら。

Img_6562

何かにかぶれてしまったようで、夫の皮膚は赤くなっていました。
こんな時には、アレルギー反応と炎症を抑え、
痒みを鎮める内容のブレンドが必要です。

それでは、精油の木箱をあけまして。
  
  danger必ず事前に下記の注意事項をご確認・ご了承のうえ、レシピをご覧ください。
  
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

《レシピ》 ・・・ 30ml容器1個分 

●精油●
   カモマイル・ジャーマン 4滴
   ラベンダー・アングスティフォリア 5滴
   ラベンダー・スーパー 5滴
   ゼラニウム・エジプト 4滴
●基剤●
   アロマ用の中性ジェル(柔らかいタイプ) 30ml 

※精油はすべてプラナロム使用
※このブレンドは精油濃度3%です。
※作り方・・・ボトルの中に基剤と精油をよく混ぜ合わせる。

        (固めの基剤の場合は、ビーカー内で混ぜてから
         クリーム容器へ移しましょう。)
※必要時、適量を皮膚に塗ります。

dangerご注意danger--------------------------------------------------
カモマイル・ジャーマンはブタクサアレルギーのある方は、
アレルギーを示す可能性があります。
原則として、事前にパッチテストをしてください。
(それ以外の精油は、用法容量を守れば禁忌・注意はありません。)

-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

今回のジェルの色が薄暗く見えるのは、
ブレンドしたカモマイル・ジャーマンに含まれる有効成分、
カマズレンの群青色のせい。

カマズレンはセスキテルペン炭化水素類(-)のひとつで
抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用、
鎮掻痒作用(痒みを鎮める作用)、皮膚組織再生作用があります。

ヒスタミンとは、アレルギー反応の時に
体内で活性化される化学伝達物質のひとつ。
本来必要なものではありますが、
その量が過剰になると炎症や痒みなど、
身体にとって不快なアレルギー症状を
引き起こしてしまいますwobbly

このヒスタミンの活性化を抑えるdownことで、
アレルギー反応を鎮静downさせてくれる働きが
カマズレンを含んでいるカモマイル・ジャーマンの精油には
あるんです。

ね?
これだけで既に、
アレルギー性皮膚炎の痒み止めのお薬hospitalみたいでしょう?

実際に、カマズレンは医薬品や化粧品にも利用されるshine有効成分shineです。

抗アレルギー作用とともに、皮膚組織再生作用もあるわけだから
痒くて手でかきむしったりして弱ってしまったお肌自体にも
非常に良いんですよ。
メディカルアロマテラピーでの
アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎ケアに
最もよく使われる精油です。

痒くて本当に辛いアトピー性皮膚炎のケアの多くは、
どうしてもステロイドによる治療へと進みがち。
QOL(生活の質)を思えば、
ステロイドが絶対NGとは一概には言えないけれど・・・
こういったケアを組み入れることで、
ステロイドの量を減らせる可能性がありますflair
悩んでいる方々にとっては、
一考以上の価値があると思います。

メディカルアロマテラピーのスキンケアは、
様々な不快な症状を抑えながら、
お肌自体の持つ強さを引き出してくれます。
天然の精油は、私たちと同じ、地球から生み出されたもの。
本来の調和のとれた”健康”に向けて、
精油が私たちをパワフルに、且つ、優しくサポートしてくれます。

植物たちの優しい香りに包まれながら、
皆さんの日々のトラブルケアが
少しでもリラックスできる時間に繋がることを願っています。

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

shineアロマと暮らす。しなやかに生きる。shine

Stillaアロマテラピースクールでは、
美容から健康まで、ご家庭での毎日に役立つ
様々なアロマケアの講座を開催しています。

日程のお問合せ以外にも、
”こんなトラブルのアロマケアを知りたい・・・”といった
講座テーマのリクエストも随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問合せください。

また、Stillaアロマテラピースクールが初めての方のために、
毎月数回、無料体験講座をご用意しております。
アロマテラピー初心者の方も大歓迎です。
まずは無料体験講座でお会いしましょう(ご予約制)。


clover
今月の無料体験講座の日程clover
  2/15(水)18:30~20:00、 2/18(土)10:00~11:30
 
  (※その他日程でも開催可能です。お問合せください。)

皆様のご参加をお待ちしておりますnote
  
 *お申込み・お問合せ先*

  
info@stilla-aroma.comまたは03-6317-3716(富田)まで

2012年2月 9日 (木)

風邪予防のマウス&のどスプレー

今年も日本各地でインフルエンザが猛威を振るっています・・・!!

残念ながら、風邪薬は予防には使えません。

思いっきりウィルスが蔓延する中で、
マスク着用、手洗い・うがいの励行、消毒といったことくらいしか、
実際的な対策がない・・・weep

なんだか本当に心許ないお話ですよね。
要するに、あとは各自の免疫力次第、ということですもの。
でも、これが一般的な現実。
ですから、免疫力の低下している方、高齢者や小さなお子さんは
相当、気を付けなくてはならないのです。

しかし。
もしもご家庭でメディカルアロマテラピーが活用できたらflair

この時期の安心感、かなり違います。
医療用グレードの精油は、インフルエンザの予防に使えるんですものrockshine
もちろんケアにも利用できます。

メインは、ユーカリ・ラディアタやラヴィンツァラなどの
抗ウィルス作用の強い酸化物類を多く含む精油たち。
我が家では、毎年秋冬にそれぞれ1、2本は消費しますwink

基本はこれらの精油での予防・ケアで、
更に、人ごみに入る時、喉のいがらっぽさを感じる時などは、
《マウス&のどスプレー》などのオプションも用意すると、
一層安心です。

最近、自作したものがこちら。
お口と喉の感染を防ぐと同時に、粘膜の免疫を高めるブレンドです。

Img_9565_2

写真のものは、分散剤に使ったウォッカが全量の1/4、精油濃度は4%と
かなり強い風味に仕上がっています。
今回は、もう少しマイルドな風味のものにレシピをアレンジして
ご紹介しましょう。
お口にスプレーすると、マウスウォッシュや歯磨きをした後の様な
shine爽快感shineが広がります。

それでは、精油の木箱をあけまして。
  
  danger必ず事前に下記の注意事項をご確認・ご了承のうえ、レシピをご覧ください。
  
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

《レシピ》 ・・・ 20mlスプレーボトル1本分 

●精油●
   ティートゥリー 4滴
   ペパーミント or アルベンシスミント 3滴
   グレープフルーツ 3滴
   クローブ 1滴
   タイム・ツヤノール 1滴
●分散剤●
   スミノフ・グリーンラベル(アルコール度数96度のウォッカ) 3ml
●基材●
   Kensoティートゥリーウォーター 10ml 
   Kensoペパーミントウォーター 7ml
   (なければ精製水や蒸留水)

※精油はすべてプラナロム使用
※ハーブウォーターはKenso(健草医学舎)使用
※このブレンドは精油濃度3%です。
※作り方・・・ボトルに①分散剤、②精油の順で入れ、よく混ぜ合わせ、
        ③基材を追加し、フタを閉めて振り混ぜます。
※必要時、口腔内に向けて1,2プッシュほどスプレーして使います。

dangerご注意danger--------------------------------------------------
①禁忌あり。
高齢者、5歳以下の乳幼児、てんかん患者、妊婦・授乳中の女性には
利用しないこと。
※ペパーミントやアルベンシスミントに多く含まれるケトン類(l-メントン)が
神経毒性や堕胎作用を持つため。
また、クローブに含まれるフェノール類も作用が強いため、
乳幼児・妊婦・授乳中の女性には使えません。

②皮膚にスプレーが付着した場合、その部位を4~5時間は
直射日光や紫外線に当てないこと。
※グレープフルーツに含まれるフロクマリン類に光感作作用があり、
皮膚にシミや炎症を起こす恐れがあるため。
-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

ティートゥリーは抗菌作用のある精油として有名ですね。
もちろん抗ウィルス作用もしっかりあります。
粘膜に存在し、風邪にひき始めの時に必要な免疫グロブリンAを
増加させてくれる働きもあります。
風邪予防のアイテムには必ず入れたい精油です。
モノテルペンアルコール類のテルピネン-4-olが40%前後含まれるため、
各種感染を抑えながら、炎症や痛みも鎮めます。
喉のイガイガにももってこいなんです。

その他、タイム・ツヤノールも抗ウィルス作用を期待するとともに
喉の痛みにも非常に良い精油なので、
私はよく喉のケアのブレンドに入れます。

ペパーミントorアルベンシスミントを加えることで、
より多くのウィルスの種類に対抗できるように。
同時に、清涼感が欲しくてブレンドしています。
クローブはパワフルな抗感染作用を期待して。
そして、グレープフルーツは風味を整えるために。

既に書きましたが、ティートゥリーとタイム・ツヤノール以外は禁忌がある精油です。
グレープフルーツはともかく、
ペパーミントorアルベンシスミントや、クローブの禁忌が該当する
カテゴリーの方々向けには、それらの精油を除いてブレンドしてくださいね。

お子さんなどアルコール系の分散剤を使いたくない場合は、
精油は入れられなくなりますが、
このレシピで登場するKensoのティートゥリーウォーターとペパーミントウォーター
だけのブレンドで、スプレーを作っても良いでしょう。

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

shineアロマと暮らす。しなやかに生きる。shine

Stillaアロマテラピースクールでは、

メディカルアロマテラピーの資格取得を目指すコースの他、
”資格は必要ないけれど、家庭で安全に
メディカルアロマテラピーを活用したい!”

”良質のアロマテラピーのレッスンを受けたい!”
という方向けに、
様々なテーマでオリジナル講座をご用意しております。

アロマテラピーが初めての方も大歓迎です。
毎月数回、無料体験講座をご用意しております。
ぜひ皆様お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください(ご予約制)。

clover
今月の無料体験講座の日程clover
  2/15(水)18:30~20:00、 2/18(土)10:00~11:30
 
  (※その他日程でも開催可能です。お問合せください。)

ご参加お待ちしておりますnote
  
 *お申込み・お問合せ先*
  
info@stilla-aroma.comまたは03-6317-3716(富田)まで

Stilla_aromaのつぶやき

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

others

無料ブログはココログ