オーガニック

2013年6月30日 (日)

山梨のローズ畑から考えるアレコレ

去る6月8日(土)に参加した、NARD JAPANの山梨の農場研修。
私は今まで何度も参加していますが、
今回は非常にラッキーだったというか、ほとんどミラクルでしたよー。

というのも、こんなに咲き乱れたローズは見た事が無かった!!
まるで、ブルガリアのローズ祭り・・・???
2013rose9_3
一緒に参加したStillaアロマテラピースクールの受講生の方々との記念のスナップ。
ホクホク笑顔です。


背景だけでなく、360℃見渡す限り、こんな風にローズに溢れた風景。。。
もちろん、どのお花も精油の原料となるロサ・ダマスケナです。

たった2時間ほど前には、研修に持参するお弁当を買うために
成城石井を探して新宿駅構内をウロウロしていた私が、
そんな日々の暮らしの意識を持ったまま、
いきなりポン!とこの地に降り立つと、
この風景は妙にリアリティが薄い・・・というか、
これは夢?
もしくは、天国ってこんな感じ?
なんて思う様な不思議な印象を受けました。
非日常体験です。

2013rose2
生命力あふれるこの畑のロサ・ダマスケナ。
さすが完全無農薬栽培、様々な虫たちが飛び交います。
このお花にも、そのしっとり柔らかな花びらをベッドにしている虫さんが。
気持ち良さそう!


実は、今回ここまでお花の数が多かったのは理由があって、
私たちが参加した日は、
今シーズンのローズの蒸留スケジュールが
ちょうど数日前に終わった後だったそうなんですね。

ローズ開花ピークの時期は、
毎朝刈り取りをして、蒸留する必要があります。

でも、もう今年のローズの蒸留作業はおしまい、となると、
それ以降は日々の刈り取りがされなかった様で、、、

お蔭で、この日は今まで私が目にしたことがなかったような、
”数日分のローズ”が咲いている畑に出会えたわけです。

通常は、この農場研修で皆が刈り取ったハーブは、
そのまま事務所に運ばれ、蒸留器にかけられ、
精油やハーブウォーターに加工されます。

でも、この日は蒸留しないけど、お花を刈り取るわけで。
(ややや、もしや???)

そうです、なんと。

刈り取ったお花は皆さん全部持って帰っていいですよー。

なぬー!
(待ってました!)

と、これまたミラクルな展開に。
生きているとイイコトあるもんですな。

香料的な価値としては、
ローズは開花直後のお花がベストです。
開花して時間が経つと、持っている香りの成分はあっという間に
揮発して薄れます。

だから、ピンクの色が濃い新鮮なお花を選ぶと良いという
スタッフの方のアドバイスに従い、良いお花だけ選んで収穫。

30人くらいの参加者のみんなで懸命に刈り取っても、
まだお花が咲いているんだからすごいなぁ。
蕾もいっぱいありましたから、その翌日以降もしばらくは
同じ調子で咲き乱れたはずです。

カモミールの収穫に比べれば断然マシですけれど、
ローズったら採っても採っても、なかなか袋がいっぱいにならない。。。

写真のようにショッピングバッグ半分量くらいで、
おおよそ100個くらいのお花かな。
仮に100個のローズのお花を蒸留しても、
採れる精油は1、2滴というレベルです。
ローズのお花から精油が採れる割合(採油率)は、
0.025%と非常に低いです。
2013rose3
採油率としても非常にレアな上、
刈り取り作業ひとつとっても、棘で手指がチクチクして
かなり骨の折れます。

この様に、栽培・収穫・蒸留・製品化すべてのプロセスにおいて
非常に手がかかるタイプの植物ですから、
ローズ精油が非常にレアで価格が高くなるのは、当然のことです。
ましてや、完全無農薬なら尚更、ですよね。

例えば、私の手元にあるプラナロムの5ml入りのローズ精油は、
定価27,300円。
金額としては、確かに高価なものです。

でも、その5mlには6,400個ほどの完全無農薬のローズのお花の
成分が凝縮しています。

お花屋さんで6,400個のローズを買ったら幾らになるでしょう?
思わず、叶姉妹を想像してしまいました。
それくらいのレベルの金額です。

お花屋さんのローズは、当然、見た目の美しさを求めて
農薬散布をして育てられます。

お花屋さんと同じフィールドではありませんが、
このプラナロムの精油の原料のローズは当然、完全無農薬です。
しかも、精油になった後に必ずロットごとに成分分析して、
不純物は一切入っていないことが確認されてから、商品化されています。

そのレベルで栽培したローズが6,400個も入っているんだ、
この5mlのボトルの中には。
そう気付いている人にとっては、
価値としては27,300円は妥当でしょう。

物の価値というのは、単純な金額だけでは測れません。

私個人としては、自分だったらそんなオーガニックの
徹底的な栽培管理は到底できないわ~、という気持ちがあります。
(自宅でのローズの無農薬栽培すら失敗ばかりですから・・・)

そういう生産者や関係者の方のご苦労や専門的な技術力も考えると、
一方では高くても内実が伴わない商品というものも
ウヨウヨしているこの世の中で、
27,300円はフェアトレード。
いや、むしろ良心的なのではないでしょうか?

アロマテラピーは自然・植物療法です。
そのための精油を作るのに、コスト削減のために、
作り手の誰かにしわ寄せがあるとか、
地球を汚してもいいとか、
そういう意識は全く合いません。
アロマテラピーを愛好する人々で、
もしもまだそういうことに気が付いていない人がいるなら、
一人でも多くの人が、早く気付く必要があるでしょう。


いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine





 

2013年6月28日 (金)

今月はナードの農場研修に行ってきました

こんにちは。
6月も下旬、すっかり蒸し暑くなりましたが
お元気でしょうか?

今月は、富士山の世界遺産登録のニュースに湧きましたねfuji

富士山には私は過去3回、ご来光を拝みに登山したことがあって、
ほんの少しですけれども、その時に
富士山の雄大さ、厳しさ、そしてその魅力に触れさせてもらいました。

なので、この世界遺産への登録をきっかけに
日本の富士山の素晴らしさが世界の皆さんにも知っていただけることは
個人的にも大変嬉しく思います。

ただし、、、
今回の登録は、文化・芸術面での評価において、であって、
残念ながら、富士山の自然・環境面での評価ではなかったということ。
そして、その大きな要因には、
登山者によるゴミや汚物の処理の問題があった、ということ。
祝福と同時に、これらも直視しなければならない事実だとも感じました。

世界遺産の自然遺産には登録されていないけど、
ほんとうに自然環境も素晴らしいねeyeshine
と、誰もが認めるような富士山に、
これから私達みんなで”回復”させてゆかなくてはならないですね。

さて、今月は8日(土)に、私は東京からすこーしだけ、
富士山寄りのエリアに足を伸ばして参りました。

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)の山梨県甲斐市の
実験農場での農場研修です。
今回はStillaアロマテラピースクールの受講生3名様とご一緒に、
グループで参加しました。

ご存知ない方のためにご紹介させていただきますね。
ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)、というのは、
フランス式のメディカル・アロマテラピーのテクニックを
日本のご家庭で安全に正しく取り入れるための活動を
行っている協会です。
本部はベルギーにあるNARD(Natural Aromatherapy
Research and Development)で、
NARD JAPANはその日本支部です。
http://www.nardjapan.gr.jp/
私もNARD JAPANの会員です。(AEAJ会員でもあります。)

そして、この山梨での農場研修は、主にNARD JAPAN会員向けのものです。
(非会員の方も、会員の方の同伴があればご参加いただけます。)
毎年参加希望者が多く、特に5月6月のローズ収穫の時期は大人気。
ローズ目当てに予約が殺到するので、私も数か月前から予約しておりました。
もちろん、私もローズ目当てでしたheart02

とにかく、NARD JAPANのこだわりはやっぱりすごいんですよね。
様々なハーブ類を、びた一文、農薬などを使わず
スタッフの方々の情熱と努力と工夫をもって
完全無農薬で育てあげています。
(そんな、完全無農薬の広大なローズ畑でお花の刈り取り体験ができるなんて、
めったにないでしょう?
この時期のこの研修は、多くの会員にとって貴重なチャンスです。)

しかも、そこで育てたハーブを蒸留して精油やハーブウォーターとして
生まれ変わらせた時に、その製品を分析しても、
一切、農薬やら重金属類など土壌・環境からの汚染物質が
検出されないのですから、本当にスゴイ話です。
残念ながら、世の中のアロマ業界の基準はこんなに厳しくないのが
現実です。

このブログでも何度も登場させていますが、
今では私の暮らしに欠かせない存在となった健草医学舎(Kenso)の
ハーブウォーターは、ほとんど全商品がこの農地で生産されています。

以前、この農地の開墾時代のご苦労話をお聞きしたことがあります。
だから、毎年のハーブの栽培だけでなく、
過去から遡っての長年のスタッフの方のご苦労を思うと、
ほんとうに頭が下がるばかりです。

こういったことをコツコツと地道にやり続ける、
やり抜いてくれる、ひたむきな情熱を持った人々がいるお蔭で、
私も暮らしにハーブウォーター等の恵みを享受させて
いただいているんだなぁと、
もちろん東京に居ても使う度に意識はしていますが、
やはり現地に赴くと、気持ちが引き締まりますsign01

私が愛用するプラナロムの精油も、これと全く同じ基準で
世界各国で育てられたハーブから作られています。
当然、メディカル・アロマに使える「医療用グレードの精油」として、
ヨーロッパ諸国で認可されるためには、
まずそういう基準での作り方が必要だ、ということがありますが、
そのもっともベースのところには、
やはり共通して、携わる人々のひたむきな情熱があるわけです。

精油にしてもハーブウォーターにしても、
その作り手、携わった人々のスピリットの様なものが
しっかり入り込みます。
自然療法という分野であるアロマテラピーは、
どういったアロマのブランドを使うか、ところも、
かなりセラピーの質に影響・特色が出てくると感じます。

だから、このように実際に農地を見学できて、
生産者の方と直に触れ合う機会がある、というのは、
セラピーをする側としても色々と具体的な手応えが感じられるので、
とても貴重です。

次回は、農場研修で撮った写真をメインに、
レポートをお届けします。

お先に、当日の畑の写真だけご覧いただいておきましょうね。
お天気に恵まれ、また、色々なラッキーが重なって
びっくりするくらい咲き乱れたローズ畑でした。
2013rose1_2

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine




 

Stilla_aromaのつぶやき

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

others

無料ブログはココログ