ハーブ

2013年7月20日 (土)

エナジーチャージのタイム・サツレオイデス

どうしても疲れが取れない時、踏ん張り時、
私をサポートしてくれるのは、
プラナロムのタイム・サツレオイデスの精油です。

一般的にタイムの精油と言うと、
”激しい”印象で語られることが多いのかな?

でも、タイム・サツレオイデスは、用法容量を守れば、
特に禁忌の心配も無く、結構使い易くて
とっても頼りになる精油のひとつなんですよ~。

タイムの精油には様々な種類があって、
その中にはもちろん”激しい”と言えるものもありますが、
全てではないのです。

植物としてのタイム(Thymus, シソ科タイム属)には、
数百種類もの種類があるそうです。

その中から”精油”として利用されるタイムの代表的なものには、
タイム・ブルガリス(Thymus vulgaris)、
タイム・マスキトナ(Thymus mastichina)、
そして、前述のタイム・サツレオイデス(Thymus satureioides)
などがあります。

更に、タイム・ブルガリスについては、
同じ種類のものであっても、
生育場所・環境・天候などによって、
その植物に含まれる成分のパターンが大きく変わってきます。

ということは・・・

そうです、同じThymus vulgarisという種類の植物から採った精油であっても、
それぞれ瓶の中身(成分)を分析チェックしてみると、
含まれる成分のパターンが大きく異なるケースがあるのです。

成分が大きく違うということは、当然”香り”も違ってきます。
同時に、それは薬理的な作用や精油の特性が変わってくる、
ということを意味するのです。

だから、
フランス式メディカル・アロマテラピーにおいては、
同じ種類の植物でもタイムの例のように、
含有成分が大きく変わる場合は、
その含まれる成分の組成パターンごとにタイプ分けをした
《ケモタイプ精油》、というものを使う必要が出てくるわけですね。

Thymus vulgarisのケモタイプには、
それぞれ特徴的な成分を精油の名前に組み込んで、
タイム・ゲラニオール、
タイム・チモール、
タイム・ツヤノール、
タイム・パラシメン、
タイム・リナロール、
などのバリエーションがあります。
Photo
我が家のタイム(ブルガリスです)
香りの成分は実際どんなケモタイプなのかな~?


タイムが”激しい”などと語られることが多いのは、
主に、タイム・チモールやタイム・パラシメンに
とても多くフェノール類が含まれるからでしょう。

フェノール類は抗感染作用や強壮作用が非常に強く、
きちんとその性質を理解して使えばたいへん有用な芳香成分。
しかし、その分、皮膚や身体への刺激も強い。

だから、これらを高濃度含有する精油を
よく知らないでウカツに手を伸ばす、というのは、
確かにとても危険性があります。

ちなみに、タイム・チモールは、原液の皮膚塗布NGです。
でも、10%以下に希釈すれば皮膚刺激は避けられます。

タイム・パラシメンはチモールタイプよりも少しだけマイルド。
しかし、敏感肌の方は10%以下に希釈するべき、
とされています。

精油がこうやってきちんとタイプ分けされていて、
自分にも正しい知識があれば、
目の前にあるのが激しいタイムなのか、使い易いタイムなのか、
すぐに分かるから便利ですよね。

また、その精油にはどういう内容の禁忌・注意点があるのか、
ということが、具体的に特定して理解できます。
それらへの対処の仕方がはっきりわかります。

例えば、薄めて使えばよいとか、
かくかくしかじかのカテゴリーの人(体調や年齢や病気など)には
全く使ってはいけないとか、どれくらいまでは使って大丈夫、とか。

少なくとも、何かを不必要に怖がったり、
やみくもに敬遠したりしないで、
それぞれの精油の特性を活かして、
安心して利用することができます。

実生活の中で、精油を”香り”以上に
使いこなして行こうと思ったら、
やはりこういったことの知識は
ある程度備える必要があります。

冒頭のタイム・サツレオイデスさんは、
私の本当に頼りになるサポーター!

この精油はシングルでも良いし、
何かのブレンドに加えてもとても良いです。
心身共に大自然からガッツリと活力を与えてもらう印象を受けて、
初めて使った時から、私はいっぺんでファンになってしまいました。

フェノール類がなんとも見事に”激し”すぎない程度に含まれ、
(平均5~25%程度、ロットにより異なります)
その強壮作用や免疫刺激作用などは、
疲れた心や身体に活力を与えてくれる、
非常にありがたいものです。

また、それぞれ全体の三分の一ずつくらいで含まれる
モノテルペンアルコール類、モノテルペン炭化水素類の
いずれも、身体を適度に刺激して元気づけてくれます。

タイム・サツレオイデス、
もちろん具体的には様々な利用法がありますけれど、

心も体も疲れ果てて消耗してしまった・・・

もしもそんな時には、迷わずこの精油を試してみてくださいね。
温かくパワフルなエネルギーを分けてくれることでしょう。

cloverタイム・サツレオイデスを使った手軽なレシピをご紹介します。

 danger必ず事前に下記の注意事項をご確認・ご了承のうえ、レシピをご覧ください。
 
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:

 *タイム・サツレオイデス 10滴、
 *オレンジ・スイート 10滴、
 *ローズウッド 10滴
 *お好みの植物油 8.5ml

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:

これは、精油濃度15%の塗布剤です。
疲れている時、これから頑張りたい時などに。

容器は、遮光ガラスボトルを使いましょう。
ボトルの中に精油を入れ、
更に植物油を加え、中栓・フタを閉めて
ボトルをシェイクすればできあがりです。

一日2~3回、背骨の両側 or みぞおちに(両方でも)、
合計7~8滴程度を塗布して使ってください。
用法容量を守れば、禁忌はありません。

 danger必ず事前に下記の注意事項をご確認・ご了承のうえ、レシピをご覧ください。
 
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

これをもっともっと薄めていただいたら(例えば3%くらい)、
活力を取り戻すためのマッサージオイルにもなりますよnote

大変な時こそ、自然の力も上手に借りながら、
本来の自分の力強さを取り戻してくださいね。

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様に
shine


2013年6月28日 (金)

今月はナードの農場研修に行ってきました

こんにちは。
6月も下旬、すっかり蒸し暑くなりましたが
お元気でしょうか?

今月は、富士山の世界遺産登録のニュースに湧きましたねfuji

富士山には私は過去3回、ご来光を拝みに登山したことがあって、
ほんの少しですけれども、その時に
富士山の雄大さ、厳しさ、そしてその魅力に触れさせてもらいました。

なので、この世界遺産への登録をきっかけに
日本の富士山の素晴らしさが世界の皆さんにも知っていただけることは
個人的にも大変嬉しく思います。

ただし、、、
今回の登録は、文化・芸術面での評価において、であって、
残念ながら、富士山の自然・環境面での評価ではなかったということ。
そして、その大きな要因には、
登山者によるゴミや汚物の処理の問題があった、ということ。
祝福と同時に、これらも直視しなければならない事実だとも感じました。

世界遺産の自然遺産には登録されていないけど、
ほんとうに自然環境も素晴らしいねeyeshine
と、誰もが認めるような富士山に、
これから私達みんなで”回復”させてゆかなくてはならないですね。

さて、今月は8日(土)に、私は東京からすこーしだけ、
富士山寄りのエリアに足を伸ばして参りました。

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)の山梨県甲斐市の
実験農場での農場研修です。
今回はStillaアロマテラピースクールの受講生3名様とご一緒に、
グループで参加しました。

ご存知ない方のためにご紹介させていただきますね。
ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)、というのは、
フランス式のメディカル・アロマテラピーのテクニックを
日本のご家庭で安全に正しく取り入れるための活動を
行っている協会です。
本部はベルギーにあるNARD(Natural Aromatherapy
Research and Development)で、
NARD JAPANはその日本支部です。
http://www.nardjapan.gr.jp/
私もNARD JAPANの会員です。(AEAJ会員でもあります。)

そして、この山梨での農場研修は、主にNARD JAPAN会員向けのものです。
(非会員の方も、会員の方の同伴があればご参加いただけます。)
毎年参加希望者が多く、特に5月6月のローズ収穫の時期は大人気。
ローズ目当てに予約が殺到するので、私も数か月前から予約しておりました。
もちろん、私もローズ目当てでしたheart02

とにかく、NARD JAPANのこだわりはやっぱりすごいんですよね。
様々なハーブ類を、びた一文、農薬などを使わず
スタッフの方々の情熱と努力と工夫をもって
完全無農薬で育てあげています。
(そんな、完全無農薬の広大なローズ畑でお花の刈り取り体験ができるなんて、
めったにないでしょう?
この時期のこの研修は、多くの会員にとって貴重なチャンスです。)

しかも、そこで育てたハーブを蒸留して精油やハーブウォーターとして
生まれ変わらせた時に、その製品を分析しても、
一切、農薬やら重金属類など土壌・環境からの汚染物質が
検出されないのですから、本当にスゴイ話です。
残念ながら、世の中のアロマ業界の基準はこんなに厳しくないのが
現実です。

このブログでも何度も登場させていますが、
今では私の暮らしに欠かせない存在となった健草医学舎(Kenso)の
ハーブウォーターは、ほとんど全商品がこの農地で生産されています。

以前、この農地の開墾時代のご苦労話をお聞きしたことがあります。
だから、毎年のハーブの栽培だけでなく、
過去から遡っての長年のスタッフの方のご苦労を思うと、
ほんとうに頭が下がるばかりです。

こういったことをコツコツと地道にやり続ける、
やり抜いてくれる、ひたむきな情熱を持った人々がいるお蔭で、
私も暮らしにハーブウォーター等の恵みを享受させて
いただいているんだなぁと、
もちろん東京に居ても使う度に意識はしていますが、
やはり現地に赴くと、気持ちが引き締まりますsign01

私が愛用するプラナロムの精油も、これと全く同じ基準で
世界各国で育てられたハーブから作られています。
当然、メディカル・アロマに使える「医療用グレードの精油」として、
ヨーロッパ諸国で認可されるためには、
まずそういう基準での作り方が必要だ、ということがありますが、
そのもっともベースのところには、
やはり共通して、携わる人々のひたむきな情熱があるわけです。

精油にしてもハーブウォーターにしても、
その作り手、携わった人々のスピリットの様なものが
しっかり入り込みます。
自然療法という分野であるアロマテラピーは、
どういったアロマのブランドを使うか、ところも、
かなりセラピーの質に影響・特色が出てくると感じます。

だから、このように実際に農地を見学できて、
生産者の方と直に触れ合う機会がある、というのは、
セラピーをする側としても色々と具体的な手応えが感じられるので、
とても貴重です。

次回は、農場研修で撮った写真をメインに、
レポートをお届けします。

お先に、当日の畑の写真だけご覧いただいておきましょうね。
お天気に恵まれ、また、色々なラッキーが重なって
びっくりするくらい咲き乱れたローズ畑でした。
2013rose1_2

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine




 

2013年1月 8日 (火)

松の内も明けたけどお屠蘇の話でも。

お屠蘇気分bottleの三が日の後は、
胃腸をいたわる七草粥で松の内を締めくくり。

古くからの風習は、本当によく理にかなっていますねshine

皆さんは昨日は七草粥を召し上がりましたか?
残念ながら、私は今年は食べ損ねてしまいました~。
昨日は夕方になってから
「七草粥セット」を買いにでかけたところ、
近所のお店ではもう売り切れになっていました。
お粥はやっぱり朝が似合うし、来年は朝粥でリベンジしまーす。

そもそも”お屠蘇気分”の「屠蘇」にしても、
こちらもいわゆる”薬酒”で、
飲食の多いお正月の胃腸をいたわってくれるものですよね。
新たな一年の無病息災の願いが込められています。

ハーブ好き、スパイス好きの私としては、
やはり香り高いお屠蘇はお正月に欠かせません。
もちろん今年も美味しくいただきました。

我が家でここ数年ずっと使っているのが、
母が年末にプレゼントしてくれる立石春洋堂さんの屠蘇散です。

Otoso1
御祝いの熨斗袋に似たパッケージを開けると、
屠蘇散が一包。

Otoso2

この商品には、
桂皮(シナモン・バーク)、山椒、陳皮(マンダリンオレンジの皮)、
桔梗、大茴香(スターアニス)、丁子(クローブ)、浜防風が
ブレンドされているとのこと。

こうやってみても、精油でもおなじみのハーブも多いですね。
シナモン、オレンジ、クローブの組み合わせなどは、
まるでクリスマスのオレンジポマンダーみたい!

shine香りがするものには、薬効があるshine

洋の東西問わず、きっと古くから皆がそう実感しながら
芳香植物を使っていたのですね。

大晦日の紅白の終わりごろにポチャっと
屠蘇散のティーバックを日本酒に入れて、

あとはのんびり初夢でも見ていれば、

元旦の朝には、
風味良く、身体に優しい御祝いのお酒が出来上がります。

お砂糖などで甘味を加えるのが一般的の様ですが、
そのままでも十分美味しいです。

Toso3
我が家では今年は漆の屠蘇器ではなく、
ベトナムで買った茶器でアジアな雰囲気で楽しみました。

屠蘇散は毎年だいたい11月頃から、薬局で手に入ります。
今までトライしたことの無かった方は、
とても手軽にできるものですので、
ぜひ来年こそはお試しをnote

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様に
shine


2012年9月10日 (月)

ローレルの葉がドライになる日まで

育てているローレルの葉がずいぶんワサワサと茂ってきていたので、
昨日、何本か枝をカットhairsalonしました。

夏も終わりかけてようやく涼しげになった、我が家のローレルの木。。。
散髪が遅くなってゴメンねcoldsweats01

でも、これからの季節はちょうど空気が乾燥してきます。
ドライハーブを作るにはもってこいです。

カットされたローレルは、枝ごと天井から吊り下げられて、
一見、Stillaアロマテラピースクールの教室のオブジェ風?

Photo_3

しばらくの間、この子たちが皆さんのアロマのお勉強を
上から見学させていただくことになりますwink

講座の中でローレルの精油を使うこともあるので、
そんな時、この子たちは一体何を思うのかな?

Photo_4

今はこの様に透明感ある緑色のローレルの葉ですけれど、
これから次第にアースカラーに変化してゆく様が見られるのも
とても楽しみです。

いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine




2012年7月19日 (木)

ジャスミンでちょっぴりゴージャスな朝

昨日の東京は、夜遅くに雨の予報だったので、
普段は庭先に出しているアラビアンジャスミンの鉢を
玄関の靴箱の上に移動しました。
20121
ちょうど数日前に
梅雨明け宣言された頃から、
次々にお花が開きだし、

更に、これから開くつぼみも
ぷくぷく膨らみ始めていので、

それが雨に打たれるのを
心配したのです。



ジャスミンの花は開花すると、
雨や風で結構簡単にポロリと落ちてしまうんですよねっっ。。。

私の知らぬ間に開花して、
知らぬ間に地面に落ちているお花があると、

ああ、見てあげられなくてゴメンナサイ!
というか、
嗅いであげられなくてゴメンナサイ!
という気分になってしまいますcatfacesweat01

だから、今はちょっとだけ、他の植物さんよりも
ジャスミンちゃんに過保護なのでした。

今朝起きたら、
玄関から廊下にかけて、
甘~い魅惑的なジャスミンの香りが
フンワリと満ちているではありませんか!
とっても幸せな気分heart04

今の時期、スクールにいらっしゃる皆様を
ジャスミンもお待ちしておりますよ~notes

20122



バナーをクリックして下さる皆様、いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、少しでもお役に立ちます様にshine

2012年6月27日 (水)

トゥルシーハーブティー

先程、お友達のマザームーンさんのブログを見ていたら、
「トゥルシー」の話題が出ていました!

トゥルシーって、皆さんお聞きになったことはありますか?

cloverホーリーバジルcloverのことです。

実は、Stillaアロマテラピースクールから徒歩3,4分という
非常に身近なところに、

TulsiTulsi(トゥルシトゥルシ)さんという
アーユルヴェーダのハーブティーショップがあります。
(小田急線の参宮橋駅からなら、徒歩2分程度です。)

お店の名前からもわかるように、
トゥルシー専門のお店なんですよ。
日本でたぶん唯一ではないかなぁ。

甘~く香るホーリーバジルのお茶は、
結構病みつきになる風味です。
個人的には、私は飲むと血行が良くなるのが感じられます。
飲むと元気が出る感じ。
だからか、疲れたら妙に飲みたくなります。

トゥルシーは、非常に私たちの健康に良いハーブの様です。
そういった効能の詳しい説明は、
info02TulsiTulsi(トゥルシトゥルシ)さんのHP http://tulsitulsi.info/や、
info02マザームーンさんのブログ記事 http://ameblo.jp/mother-and-moon/entry-11287031577.html
に載っています。
ご興味ある方はぜひチェックしてみてくださいネ!

TulsiTulsiさんは、Stillaのスクールカードを置かせていただいたり、
私もお買い物以外でも何かとお世話になっています。
可愛いワンちゃんがお出迎えしてくれる、
アットホームでとっても和めるお店ですheart04

Stillaアロマテラピースクールでも
たまに講座の時にトゥルシーのお茶が出てきますヨwink

バナーをクリックして下さる皆様、いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、少しでもお役に立ちます様にshine


2012年5月 6日 (日)

コモンタイムのお花が咲きました

暖かさと水分をたっぷり受けて、
このところ、我が家の庭のハーブたちが目を見張る勢いで
成長しています。

今はちょうどコモンタイムの白い花が開花中。
とってもとっても小さなお花たち。
鈴なりに咲いて可愛いですheart04
Photo_3
食べるハーブの風味としては、
タイムはお花が咲く前の方が
香り高く美味しいのだけど、
こうやってお花見するのも楽しいなぁwink

ほろ苦さと甘さを併せ持った
スーッとするタイムの香りは、
様々な西洋料理によく合います。

手軽なところでは、
オムレツの上にかけるケチャップに
茎からしごいて取った生のタイムの葉を混ぜるだけで、
いつものオムレツが急にググッとスペイン料理ぽく大変身しますrestaurantshine
Photo_4

我が家のタイムのお鉢には、
セージとヒソップも同居中。

セージもお花の蕾が出始めていますbud




ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


2011年11月26日 (土)

クリスマスのポマンダー

クリスマスまであと1か月となりました。

今年はいつものクリスマスの飾りつけに、ちょっぴりスパイスを効かせてみる、
なんて、いかがでしょうか。
比喩だけなく、本当に、スパイスが効いていますsign01

ポマンダー。
オレンジなどのフルーツと、クローブやシナモンなどのスパイスで作るshine”香りの玉”shineです。
Photo
こういったものが、16世紀のヨーロッパで大流行したそうです。

中世・近世、ヨーロッパでは衛生状態が非常に悪く、どこも悪臭にまみれていましたcrying
フランスではマリー・アントワネットが暮らしたベルサイユ宮殿でさえ、
ひどい臭いがたちこめていたと言われています。
この時代、ヨーロッパでハーブを駆使した様々な香りの文化が発達したのも、
ひとえに、臭いと伝染病から逃れたいという、人々の切なる思いがあったから。。。

そんな時代に生きる人々にとって、
オレンジポマンダーはどれだけクリアで力強く、元気づけてくれる香りlovelyだったでしょうね。

また、クローブやシナモンなどのスパイスのもつ防腐効果、抗菌・抗カビ効果が
いかに素晴らしいものか、実際、オレンジポマンダーを作るとよくわかります。
生のオレンジが腐らずにポプリになるのですからsign01
当時の人々にとって、”香り”は伝染病の菌から身を守るためのお守りだったのです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

          ~アロマと暮らす。しなやかに生きる。~
       shineStillaアロマテラピースクールからのお知らせshine

日本でも湿度の少ないこの季節は、ポマンダー作りにぴったり。
12月にはStillaアロマテラピースクールでも、ポマンダー作りの講座があります。
スタンダードなもの、そのほかアレンジした変わり種、色々と楽しく作って参ります。
ご興味ある方はお気軽にご参加くださいませ


     clover
ご案内はこちら (※【暮らしのアロマ講座】のシリーズです)

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01






  

2011年10月15日 (土)

早速ジャスミン開花です

shineいつもハーブの苗を購入している福岡のメイポップさんから、
先週、コモンラベンダーとアラビアンジャスミンの苗を購入。
鉢への植え込みはまだこれからなんですが、とても元気に1週間過ごしてくれています。
無農薬・有機栽培・路地栽培にこだわっていらして、質の良い苗が届くので、
ここのお店のショッピングは毎回楽しみです。
(お蔭でお世話するハーブがどんどん増えてゆく・・・)

昨夜から朝まで風雨がかなり強かったので、
雨が止んだ先程、我が家の植物が気になって表に出てみると・・・coldsweats01 ドキドキ
白い蕾だったジャスミンの花が一輪、開花していましたshine
鼻を近づけると、濃厚な香り。お花のままで精油の様です。

Photo

ジャスミンの花の精油は水蒸気蒸留ではなく、溶剤抽出法で得られます。
溶剤抽出法は溶剤の残留の可能性があるので、スキンケアにはあまり向きませんが、
製造過程での香りの変質が少ないため、咲いているお花とほぼ同じフレッシュな香りになるのは魅力だと思います。
特に、ジャスミンは1回の使用で1滴も要らないほどパワフルな香りの力heart04があります。
上手に薄めて、魅惑的なお花の香りを楽しみたいですね。

さて、我が家にやってきてくれたジャスミン苗は、
メイポップさんのHP情報によるとアラビアンジャスミン(学名Jasminum sambac )、
ジャスミンティーになる種類のお花とのこと。

精油の方では、今私はプラナロムのジャスミン(学名Jasminum officinalis)と 、
フレーバーライフのジャスミン(学名Jasminum grandiflorum)を持っています。

どちらもこの苗とは種類が違うので、
アラビアンジャスミンは精油であるのかなー
なんて思って、ウェブをサーチsearchしてみたら、ありました。

ジャスミンサンバック精油(Jasminum sambac)として、
生活の木とクインエッセンスでそれぞれラインナップさています。
今度お店で香りをチェックしてみなくてはねsign01

アラビアンジャスミンと一緒に届いたラベンダー苗はコモン種、
学名Lavandula angustifolia。
ご存知の通り、ラベンダー・アングスティフォリア精油になるタイプです。
コモン、真正、トゥルーなど様々な通称を持つ、アロマテラピーで最も有名な精油です。
この子たちも、きれいなお花を咲かせてくれるますように。

Photo_2
ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01

Stilla_aromaのつぶやき

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

others

無料ブログはココログ