育児

2012年10月15日 (月)

ウェディングの香り

久々に、おめでたく楽しい一日でしたheart04shine

先日の土曜日のこと。

この春、すでに結婚し新生活を送っていた私の妹夫妻の
挙式ringと披露宴birthdayが都内であり、

参列してまいりました。

やはり、ウェディングは全てがheart04幸せheart04に包まれていて、
本当に清々しいものですね。

私も新郎新婦からたっぷり幸せを分けていただきましたヨ。

そして、我が家のぽっちゃり系のオチビちゃんにとっては、
こういう日こそ、親戚社交会デビューboutiqueだったわけです。

さあ、思った通り、人見知りからスタート。

Wedding3_3   

程なく緊張もほぐれ、

当然、お子様ランチには目が無く。

Wedding2









イヤイヤの時期が始まる2歳が目前の娘では
ありましたが、

この日は良くも悪くも、
全てが私の想定内の範囲に収まってくれたので、

本当にヤレヤレでございましたcoldsweats01

静かな緊張感に満ちた挙式の最中に
何を思ったか
「あ・い・う・え・お」と叫ぼうとした時だけは
一瞬、ヒヤッとさせられましたけれど・・・bomb
(寸前に阻止)


今回のウェディングでは、妹たっての希望で、
私が披露宴会場の受付周りの空間の
香りのプロデュースを
担当させていただきました。

Wedding1

当日、我が家&妹宅の
両家でそれぞれ愛用している
アロマディフューザー
”Heavenly Scent”の
シルバーを2台持ち込み、

妹のリクエストのイメージで
ブレンドした
”森の香り”をディフューズしました。

香りの内容は、

バルサムモミ、ブラックスプルース、
アカマツヨーロッパのウッディ系を中心に、

ラベンダー・アングスティフォリア、ラヴィンツァラ、
シナモスマ・フラグランス、パルマローザ、
アルベンシスミント、コリアンダーといった
フレッシュでハーバルな香りの精油で
アクセントを付けたもの。

会場の都合で、
予め受付付近の空間でディフューズする時間が
十分に取れないことが分かっていたので、

同じブレンドの3%濃度のスプレーも用意して、
受付開始前に急いで香りの拡散をサポート。

受付の隣の扉を開けると、すぐに披露宴会場です。

精油の香りがくれぐれもお食事を邪魔しない様に、
さりげなく。

でも、きちんと香らせる。

そんな、ぎりぎりの所を模索しながらの調整でした。

ゲストの皆さまには、
お祝いの宴に入る前に、一瞬、ふっと
森林やガーデンでリラックスするような
気分になっていただけたなら、
私も幸いですhappy01

新郎新婦のお二人さま。
皆さんからの祝福を胸に、末永く幸せに暮らします様にnote
私も心よりお祈りしておりま~す。


いつも応援ありがとうございます!
           Stillaのブログとスクール活動が、皆様のお役に立ちます様にshine




2012年3月29日 (木)

乳幼児の胃腸炎&下痢のケア用ブレンド

もうすぐ1歳5か月になる娘。
食欲旺盛で元気が取り柄な子なのに、
珍しく一昨日の夜から体調を崩しております。

胃腸炎です。
昨日、hospital小児科の診察を受けました。
予防接種での通院を除き、これが彼女の人生二度目の受診でした。

人生初の受診は4か月ほど前だったかしら、予防接種の後に発疹ができた時。
それ以外の体調不良といったら、今までは風邪をひくくらい。
ひいても精油でケアすれば治ってしまっていたので、
病院には縁遠い日々だったのですが・・・。

さすがに小さな子供が嘔吐は痛々しいですねぇweep

嘔吐する娘の姿を見て、夫は
ゾンビ映画みたいでショックだった、とか
ひどいことを言っていました。 オイオイdash

そんなこんなで、一夜あけた昨日、娘を小児科で診ていただいたわけです。

処方されたのは、吐き気止めの座薬を1回分と、抗生物質と整腸剤を3日分。

座薬はともかく、抗生物質と整腸剤の粉薬は思った通り、
なかなか飲んでくれません。
ぬるま湯に溶いて、少しシロップで甘味を着けて飲ませても
何か気に食わないらしく全部飲まず、途中でムスッpoutとした顔で
ふて寝に入ります。

1回くらいは仕方ないけれど、毎回これでは
子供とバイキンの体力勝負になってしまうよ・・・。

昨晩はふて寝から本寝sleepyに入ってしまい、もうお薬は飲んでくれないし、
寝ている間にも、バイキンはお腹の中でどんどん勢力を増してゆくから・・・
仕方ないなーと、深夜、ドロドロに眠い目をこすりながらアロマ部屋へ。

メディカルアロマテラピーの世界では、感染症各種には、
プラナロムの”オレガノカプセル”(経口用)が絶対的エースsign01
しかし、残念、5歳以下の子供と妊産婦にはNGなんですねdown

なので、作用はこれに比べると穏やかになるけれど、
1歳児でも使える精油を選んで、塗布剤の形で用意したのがこちらです。
病院で出されたお薬と併用して問題ナシですgood
Photo
それでは、精油の木箱をあけまして。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

乳幼児の胃腸炎&下痢のケア用ブレンド

  danger
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

《レシピ》 ・・・ 5ml遮光瓶1本分 

●精油●
   パルマローザ 9滴
   バジル 2滴
   ラヴィンツァラ 8滴
   ファーナス油 5ml

●使用法

   1日4回、1回6滴~8滴を腹部・背中に塗布。


※精油はすべてプラナロム使用
※このブレンドの精油濃度は、約16%です。
※作り方・・・遮光性のガラス瓶に、各精油を入れ、ファーナス油を入れてよく混ぜる。


danger
禁忌danger--------------------------------------------------
このブレンド剤は、用法容量を守れば特に禁忌はありません。

danger注意danger--------------------------------------------------
パルマローザは原則として出産時以外の妊婦には使用しないでください。
(高濃度含有するゲラニオールに、子宮収縮作用があるため)

バジルは乳幼児や敏感肌の方には、50%以下に希釈して使用しましょう。
(高濃度含有するチャビコールメチルエーテルが皮膚を荒らす可能性があるため)

※このブレンドのバジルの濃度は、約1.7%です。
-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。


塗布剤タイプって、とても便利なものですね。
眠っていても、子供のお腹に塗ってあげれば済むって
すっごく助かるんだわーと、便利さを再発見しました。
嬉しいことに、このブレンドは香りもフローラルハーブ調ですごく爽やかheart04

パルマローザは、乳幼児にも安心して使える優しい精油のひとつです。
モノテルペンアルコール類のゲラニオールをたっぷり含み、ローズ調の香りshineが特徴です。
良い香りとともに、ゲラニオールに収れん・皮膚弾力回復などの作用があることから、
美容面で重宝されることが多い精油ですが、
ゲラニオールには非常に高い抗菌・抗真菌作用もあるので、
乳幼児の感染症対策にも利用することができます。

バジルはフェノールメチルエーテル類のチャビコールメチルエーテルが主体。
原液や高濃度のブレンドでは、乳幼児や敏感肌の方の肌には
ピリピリとした刺激を感じさせてしまいます(私も感じることがあります)。
でも、50%以下に希釈すれば問題はないでしょう。
フェノールメチルエーテル類はとにかく痙攣を抑える作用が高いんですsign01
そして、鎮痛作用も高い。
胃が痙攣したり、下痢でキューっと腸が差し込む様な状況には、
こういった作用を持つ成分が大きな助けになりますよ。

更に、チャビコールメチルエーテルには消化促進作用もあります。
バジル精油全体として健胃作用もあります。
胃の働きを良くして、腸を整えてくれることが期待できます。
やっぱり古くからお料理に使われてきたようなハーブって、
精油にしても胃腸に良いものが多いですねclover

今回のブレンドでは、バジルは1.7%と少な目にしていますが、
もっとお腹の差し込みが苦しそうな場合は、
もう少し濃度を上げた方が良いでしょう。

ラヴィンツァラも、パルマローザと並び、乳幼児にも安心して使える精油です。
この精油は、抗ウィルス作用の高い酸化物類の1,8シネオールが
成分の約半分を占め、
残り半分がモノテルペン炭化水素類とモノテルペンアルコール類で
構成されています。
抗ウィルス作用とその他の作用により、風邪・インフルエンザのケアで
多用される精油ですけれど、それだけではもったいない。
ウィルス性の疾患には非常に幅広く対応できます。

ところで、今回の娘の胃腸炎の原因は、細菌性かウィルス性か
その点は分かっていません。
ですので、細菌・真菌が得意なパルマローザも入れるし、
ウィルスに得意なラヴィンツァラも入れました。

お薬を服用しつつこのブレンドを塗り始めて16時間くらいが経過した今、
娘はまだお腹は下していますが、熱も収まり(昨夜から発熱していました)、
目を開けて顔をこちらに向けてくれたり、少し動きだしたりし始めましたhappy01

パルマローザもバジルもラヴィンツラも、含有成分に
それぞれ身体や神経などを強壮させる作用や
免疫をアップさせたり、免疫のバランスを整える作用などを持っています。

外敵を退治しながら、同時に私たちを元気にしてくれるなんて。
大自然由来の素晴らしい力に、またまた今回もお世話になりました(=゚ω゚)ノ

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


2012年2月12日 (日)

痒み肌用ジェル(アトピー、アレルギー)

先日、夫が肌が痒いsadsweat01と言うので、痒み肌用ジェルを作りました。
それがこちら。

Img_6562

何かにかぶれてしまったようで、夫の皮膚は赤くなっていました。
こんな時には、アレルギー反応と炎症を抑え、
痒みを鎮める内容のブレンドが必要です。

それでは、精油の木箱をあけまして。
  
  danger必ず事前に下記の注意事項をご確認・ご了承のうえ、レシピをご覧ください。
  
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

《レシピ》 ・・・ 30ml容器1個分 

●精油●
   カモマイル・ジャーマン 4滴
   ラベンダー・アングスティフォリア 5滴
   ラベンダー・スーパー 5滴
   ゼラニウム・エジプト 4滴
●基剤●
   アロマ用の中性ジェル(柔らかいタイプ) 30ml 

※精油はすべてプラナロム使用
※このブレンドは精油濃度3%です。
※作り方・・・ボトルの中に基剤と精油をよく混ぜ合わせる。

        (固めの基剤の場合は、ビーカー内で混ぜてから
         クリーム容器へ移しましょう。)
※必要時、適量を皮膚に塗ります。

dangerご注意danger--------------------------------------------------
カモマイル・ジャーマンはブタクサアレルギーのある方は、
アレルギーを示す可能性があります。
原則として、事前にパッチテストをしてください。
(それ以外の精油は、用法容量を守れば禁忌・注意はありません。)

-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

今回のジェルの色が薄暗く見えるのは、
ブレンドしたカモマイル・ジャーマンに含まれる有効成分、
カマズレンの群青色のせい。

カマズレンはセスキテルペン炭化水素類(-)のひとつで
抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用、
鎮掻痒作用(痒みを鎮める作用)、皮膚組織再生作用があります。

ヒスタミンとは、アレルギー反応の時に
体内で活性化される化学伝達物質のひとつ。
本来必要なものではありますが、
その量が過剰になると炎症や痒みなど、
身体にとって不快なアレルギー症状を
引き起こしてしまいますwobbly

このヒスタミンの活性化を抑えるdownことで、
アレルギー反応を鎮静downさせてくれる働きが
カマズレンを含んでいるカモマイル・ジャーマンの精油には
あるんです。

ね?
これだけで既に、
アレルギー性皮膚炎の痒み止めのお薬hospitalみたいでしょう?

実際に、カマズレンは医薬品や化粧品にも利用されるshine有効成分shineです。

抗アレルギー作用とともに、皮膚組織再生作用もあるわけだから
痒くて手でかきむしったりして弱ってしまったお肌自体にも
非常に良いんですよ。
メディカルアロマテラピーでの
アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎ケアに
最もよく使われる精油です。

痒くて本当に辛いアトピー性皮膚炎のケアの多くは、
どうしてもステロイドによる治療へと進みがち。
QOL(生活の質)を思えば、
ステロイドが絶対NGとは一概には言えないけれど・・・
こういったケアを組み入れることで、
ステロイドの量を減らせる可能性がありますflair
悩んでいる方々にとっては、
一考以上の価値があると思います。

メディカルアロマテラピーのスキンケアは、
様々な不快な症状を抑えながら、
お肌自体の持つ強さを引き出してくれます。
天然の精油は、私たちと同じ、地球から生み出されたもの。
本来の調和のとれた”健康”に向けて、
精油が私たちをパワフルに、且つ、優しくサポートしてくれます。

植物たちの優しい香りに包まれながら、
皆さんの日々のトラブルケアが
少しでもリラックスできる時間に繋がることを願っています。

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

shineアロマと暮らす。しなやかに生きる。shine

Stillaアロマテラピースクールでは、
美容から健康まで、ご家庭での毎日に役立つ
様々なアロマケアの講座を開催しています。

日程のお問合せ以外にも、
”こんなトラブルのアロマケアを知りたい・・・”といった
講座テーマのリクエストも随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問合せください。

また、Stillaアロマテラピースクールが初めての方のために、
毎月数回、無料体験講座をご用意しております。
アロマテラピー初心者の方も大歓迎です。
まずは無料体験講座でお会いしましょう(ご予約制)。


clover
今月の無料体験講座の日程clover
  2/15(水)18:30~20:00、 2/18(土)10:00~11:30
 
  (※その他日程でも開催可能です。お問合せください。)

皆様のご参加をお待ちしておりますnote
  
 *お申込み・お問合せ先*

  
info@stilla-aroma.comまたは03-6317-3716(富田)まで

2011年11月22日 (火)

小児用の風邪・インフルエンザ対策ジェル

今日は、我が家で娘に使っている風邪・インフルエンザ対策のジェルをご紹介しましょう。

先日1歳の誕生日を迎えたうちの娘。
実は、今のところ病気で小児科のお世話になったことがありません。
一度も熱も出さず、ひどい風邪もひかず、お蔭様でずっと元気sign01

私は初めての子育ての割に、かなり気楽に呑気にやっています。
もしかして、これも子供の健康面でハラハラすることがないこともあるのかも・・・sign02
などと今ふと思ったり。
 punchいえいえ性格です、というツッコミが入りそうな予感(・∀・)

もちろん、娘が少し風邪っぽくなったりしたことはありました。
声のかすれ、くしゃみ、鼻水など。
今まで2回くらい、そんなことがあったかなぁ。
でも、我が家では風邪の初期症状のうちに
メディカルアロマテラピーですぐ対処するので、1、2日で体調は元通りですup

メディカルアロマテラピーのありがたいところは、
shineひいてしまった風邪だけでなくて、予防にも利用できるところshine

以前、夫がうっかりひどい風邪をひきこんでしまった時のこと。
3人毎日同じ寝室で寝起きしていたにも関わらず、
娘も私も風邪をひかずに済みました。
あれは流石に私もすごいなーと思いました。
精油さん、ありがとぅぅぅhappy02

この時は娘に1日5回ほど、せっせせっせとジェルを塗りこんでいましたね。
もう忘れちゃいましたが、精油濃度は高め(10%以上)で作ったと思います。
私も予防で大人用のアロマケアしましたよ~。
夫にも当然アロマケア。本当はひき始めがベストなんですけれどね。

今日は子供のための、ということでしたので、大人の話はこの辺にしておきましょう。

それでは、精油の木箱をあけまして。
小児用の風邪・インフルエンザ対策のジェルのお話。
  
  danger必ず事前に下記の注意事項をご確認・ご了承のうえ、レシピをご覧ください。
  
【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に
1_2
今我が家で娘に使っているジェルです。
レシピは一例だと思ってくださいね。
精油の濃度や種類など、私も娘の様子をみながらその時々でアレンジを変えます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

《レシピ》  
ラヴィンツァラ 20滴
ユーカリ・ラディアタ 20滴
シナモスマ・フラグランス 10滴
アロマ用ジェル 30ml

※精油はすべてプラナロム使用
※このブレンドは精油濃度8.3%です。
※予防として、1日3、4回ほど喉と胸に適量(1円玉くらい)塗布。ケアなら、もっと頻回に。
  人混みや病院に行くときなどには、事前&事後、塗ります。
   鼻づまりで苦しそうなら、小鼻の脇に薄く塗ってあげると呼吸が楽になります。

※初めて使う時には、パッチテストを忘れずに。
※このジェルはあくまでも家庭内医療としてご紹介しています。
 家庭内医療の域を超える重篤な症状が発症している場合は、
 ただちに医療機関で受診してください。

danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°


いずれもスーっと鼻に通る香りの精油たち。
酸化物類の1,8シネオールが主体になっている点で、共通します。
ラヴィンツァラとユーカリ・ラディアタは、大人もよく使いますが
シナモスマ・フラグランスは子供の風邪によく使われる精油のひとつです。
ユーカリに比べて香りがマイルドで、乳幼児にも使いやすいです。

風邪・インフルエンザのケアには酸化物類の多い精油が大活躍します。
酸化物類は、素晴らしい抗ウィルス作用があるうえ、
痰をきり、粘膜の炎症を抑え、免疫を調整する、という、
まさに「ひとり総合感冒薬」みたいな成分なんです。

今回の私のブレンドで、もう少し免疫アップを狙うなら、
ローズウッドを入れてあげると良いでしょう。
より幅広いウィルスに対応できるようになります。
その場合、そのままローズウッドを少し追加しても問題ないですし、
ユーカリ・ラディアタかシナモスマ・フラグランスあたりを10滴ほど減らして、
その分ローズウッドにスイッチしてもOKです。

ローズウッドを入れると、風邪対策のジェルにフローラルな雰囲気の香りが加わります。
たまにお外で、なんだかいい匂いの赤ちゃんね~lovelyなんて言われることがあります。
うふふふheart02これも精油のおかげ。
だっこしているお母さんも一緒に香りで癒されれば、ますます嬉しいですねnote

これからインフルエンザも要注意のシーズンです。
色々お家でも対策をしていきましょう!

Stillaアロマテラピースクールの「精油のお薬箱講座」でも
風邪・インフルエンザ対策の講座をご用意しています。
ご興味ある方はお気軽にお問合せくださいね。

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01

Stilla_aromaのつぶやき

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

others

無料ブログはココログ