« NARD指田会長のセミナーに参加しました | トップページ | 2012年9月・10月の講座のご案内 »

2012年8月20日 (月)

夫のものもらいにハーブウォーターでケア

今日は月曜日。

一昨日の土曜日の午後、夫の左目が”ものもらい”の様な状態に
なってしまいましたwobbly

そういえば、前日の夜、
「なんだか目が・・・(ごにょごにょ)catface
みたいなことを言っていたっけ。。。

本人も私も、その時は全く気に留めておりませんでしたが。
きっと、その頃から何か違和感あったのですね。

で、よく見ると、

夫は痒いと言って、まるで子供みたいに手でゴシゴシ
目をこすっているではありませんかsign03

おおぅっsign02なんてことをsign02

まず、それは止めようよ・・・。

そして・・・お医者様hospital

なのですが、なにせ土曜の午後。

この時間に受診できそうな眼科を探してゆくのも、
少々(というか、かなり)面倒くさい。。。

ドラッグストアで、ものもらい用の目薬を
買って来ても良いのだけど、、、

とりあえず、アロマケアで様子を見てみようかcoldsweats01

アロマや目薬でのケアでとりあえず週末をしのいで、
相変わらずだったら、月曜日に眼科だねgood

みたいな会話があって、
夫のものもらいのケアに用意したのが、こちらです。
danger注意danger
目のケアには<精油>は絶対に使ってはいけません!


Kenso

我が家でいつもスキンケアから
各種疾病・トラブルのケアまで、
様々な用途に愛用している、
Kenso(健草医学舎)のハーブウォーター。

cloverハーブウォーターとは、ハーブの芳香成分を微量に含む
「芳香蒸留水」と呼ばれるものです。
原料ハーブを水蒸気蒸留して精油を抽出する際に、
副産物の形で一緒に出来上がります。

Kensoハーブウォーターには、とにかく
たくさんの種類の商品があります。
この日は手元にある種類の中から、
「ラベンダーウォーター」と
「ローズゼラニウムウォーター」を選択しました。

細かいミスト状に広がるスプレーボトルなので、
15cmほど離れた距離からなら、
開いた目にスプレーしても全く問題ありませんでした。

片目ずつ、2種類のハーブウォーターを
それぞれ1回7プッシュ程度を噴霧し、目をぱちぱちeyeshine
洗浄と消毒のイメージです。
それを1日5回~7回程度。

さて、明くる朝の日曜日。

正直、これは我ながらびっくりしましたup

外見上はほぼ回復していたのですheart02

でも、本人は、まだ少しだけ違和感を感じるということで、
この日も一日このケアを続行しました。

そして、ついに本日・月曜日。

全く問題なくなっておりました。

一応、非常に簡単なケアなので、今日も念のため
続けてもらっています。

『ケモタイプ精油辞典ver.7』の『処方集』を見ると、
ハーブウォーターによる目の疾病ケアの処方例では、
「洗浄」以外にも、
「接眼ガーゼなどに適量を浸して湿布」という風に書かれています。
重症な場合は、やはりそうするのが理想的ですね。

ハーブウォーターを使った疾病ケアは今、
看護・介護の方を中心に、大変注目を集めていますが、
まずは、使用するハーブウォーターが
疾病ケアに使えるグレードかどうかを確かめることが必要です。

利用して大丈夫だと確実に判断することの出来ない物は、
疾病ケアには利用しないでくださいね。


Kensoハーブウォーターには、商品に蒸留ロット毎の分析表が
添付され、以下のものの混入が無いことが証明されています。
* 大腸菌・一般細菌類
* 農薬
* 重金属類
* セシウム
例として、「ローズゼラニウムウォーター」の分析表はこんな感じ。
http://www.pranarom.co.jp/product/herbwater/kh011.html

そして、防腐剤、添加物等も一切入っていません。

防腐剤を入れなくても、パッケージ未開封の場合は
常温でも何年も腐らないことが、
メーカーの実験で確認されています。
(水モノの商品で、これはものすごいことです。)

しかしながら、消費者の手元で
開封した後の管理の良し悪しによっては
当然、ハーブウォーターへの雑菌混入~繁殖なども
考えられます。

今回の様に、特に目に利用する時などは
開封直後に近い、できるだけフレッシュな状態の
ハーブウォーターを使うことが大切です。

ハーブウォーターの取り扱いについては、
* 開封後は適切な保存方法を守りましょう
(冷暗所。冷蔵庫の野菜室くらいが適温)
* 使うときは、雑菌等ができるだけ入らない様、清潔に扱いましょう。
* 開封したら3か月以内に使い切りましょう。

品質さえしっかり保てば、ハーブウォーターは実は精油以上に
日頃のアロマケアに活躍してくれるスグレモノ。

精油の様な禁忌などを気にする必要もなく、
アロマの知識無しでも、優しい香りやナチュラルな使い心地を
楽しめるアイテムでもあります。

Kensoハーブウォーターにご興味ある方は、
下記リンクをご覧くださいませ。
この会社のアロマと商品の品質に対する、熱~い想いが
じわじわと伝わってくると思います^^

info02「Kenso国産ハーブウォーターの特徴http://www.pranarom.co.jp/product/herbwater/index2.html
info02「健草医学舎」HP http://www.pranarom.co.jp/

 いつも応援ありがとうございます!
Stillaのブログとスクール活動が皆様のお役に立ちますようにshine

« NARD指田会長のセミナーに参加しました | トップページ | 2012年9月・10月の講座のご案内 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

フランス式メディカルアロマテラピー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然療法・代替医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1519542/46764195

この記事へのトラックバック一覧です: 夫のものもらいにハーブウォーターでケア:

« NARD指田会長のセミナーに参加しました | トップページ | 2012年9月・10月の講座のご案内 »

Stilla_aromaのつぶやき

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

others

無料ブログはココログ