« 昨日の講座の一コマ | トップページ | 2012年4月の講座のご案内 »

2012年3月14日 (水)

春&秋の【経口用】デトックスブレンド

「春の皿には苦味を盛れ」cloverという言葉があります。

春はフキノトウや菜花など、”ほろ苦い”野菜が旬の季節。
そんな”ほろ苦い”食材は、
冬の間に代謝が落ちた私たちの身体を
内側からシャキッと目覚めさせてくれると言われています。

このあたりのことは、
アンチエイジング情報サイト「モンナージュ」に、
「春野菜でデトックス&エネルギーチャージ」という記事で
分かりやすく紹介されています。
ご興味あればチェックしてみてください。

さて、お題の”デトックス”ですけれども、
これは精油の薬理面を最大限に活用するメディカルアロマテラピーも
大の得意分野♪
肝臓に働きかけ、たまった毒素をパワフルに排出する内容の
精油ブレンドを【経口投与】という形で利用します。


やっぱり、洋の東西問わず、デトックスは春なんですね。
フランス式メディカルアロマテラピーでも、

デトックスブレンドは、春、そして、秋にも用いるべし。

ということになっています。

今年も春分がもう目前。
そろそろ我が家でもデトックス週間を始めようか~。
ということで、
今朝から夫婦共にshineデトックスブレンドshineの服用を始めましたnote
Photo
写真中央のブルーボトルが、今回作ったブレンド剤。
右奥の精油5種を使った、精油100%の原液です。

更に、左側には「はちみつ」の瓶がありますね。

そう。
このブレンド剤は、
朝夕にそれぞれ1,2滴をはちみつ等に混ぜていただくもの

なんです。

メディカルアロマテラピーをご存知ない方の間で、
言葉が勝手な一人歩きしている感があるのですが、

【精油の経口投与】、【精油の服用】、といっても、
何も、精油を健康ドリンクの様に、
beerゴクゴク飲むbeerということでは、決してありませんから!


今まで私は一度も、精油をゴクゴク飲むような処方を目にしたことはありません。
実際は、精油を植物油で希釈したものをカプセルに詰め、
サプリメントのような形のものにして飲んだり、
今回の様に何かに1,2滴トッピングして食べたり、という感じです。


そして、
フランス式メディカルアロマテラピーの大前提、
danger医療用グレードの精油を使うdangerということを必ず守って行います


それでは、精油の木箱をあけまして。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

bookこのレシピは、2009年ナード・アロマテラピーセミナーの
「メタボリック症候群の予防とアロマテラピー」の講演の中で

ドミニック・ボドゥー薬学博士が紹介された、
「身体の全排出器官の洗浄(経口)」ブレンドです。


  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

《レシピ》 ・・・ 10ml遮光瓶1本分 

●精油●
   ロベジ(根) 0.5ml
   シナモン(樹皮) 1ml
   ジンジャー 3ml
   ローズマリー・ベルべノン 2ml
   ブラックスプルース 3.5ml

●服用法

   朝と夕、1回2滴を小さじ1杯のアプリコット油あるいはハチミツに垂らして服用する。

   
春と秋にそれぞれ3週間続ける。 

※精油はすべてプラナロム使用
※作り方・・・遮光性のガラス瓶に、各精油を入れる。(ブレンド剤は100%原液です)


danger禁忌danger--------------------------------------------------

5歳以下の乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、高齢者、神経系の弱いてんかん
患者の方には、このブレンドは使用しないでください。
(ローズマリー・ベルべノンに含まれるケトン類が、神経毒性・堕胎作用を持つため。
同時に、シナモン(樹皮)には、作用が非常に強いケイ皮アルデヒド類と
フェノール類が多く含まれるため、5歳以下の乳幼児、妊婦、授乳中の産婦は
こちらも禁忌にあたります。)

danger注意danger--------------------------------------------------
ロベジ(根)とシナモン(樹皮)は、原液では皮膚刺激が強いため、
皮膚に原液が付着しない様にご注意ください。
万が一付着した場合は、植物油を含ませたコットンでふき取ってから、
石鹸と大量の水で洗い流してください。
※ロベジ(根)もシナモン(樹皮)も、10%(最大20%)以下に希釈すれば
皮膚刺激は問題ないとされています。
このブレンドでは、それぞれ0.5%濃度と10%濃度です。

-----------------------------------------------------------

  danger【お読みください】当ブログのアロマケア&レシピご利用の前に

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

もちろん精油は香りが強いので、1、2滴でも口に入れると
パッと強い風味が広がります。
でも、ハチミツの甘さがなんとも上手に包み込んでくれて、
ともすると、日本の生姜糖に似た印象のフレーバーに感じます。
私は結構、この風味、好きです~goodheart02

このブレンドで特に大切なのは、
ロベジ(根)に含まれる成分の、強力な肝臓解毒・腎臓排液促進といった作用と、
ローズマリー・ベルべノンが持つ、肝臓を始めとする消化器全般を元気にして
働きのバランスをとってくれる力でしょう。

更に、便秘や消化不良といった消化器系のトラブルを調整してくれるジンジャー。

強力な抗感染作用(抗細菌・抗ウィルス・抗真菌)によって
肝炎・腸炎・腎盂腎炎といった各器官の疾病に対処してくれるシナモン(樹皮)。

多量に含むモノテルペン炭化水素類のコーチゾン様作用から
副腎皮質ホルモンの補充・調整を行ってくれる、ブラックスプルース。

これらの名脇役たちが、上手にブレンドをまとめてくれています。

ご訪問ありがとうございますhappy01
         1クリックいただけると励みになります
sign01


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


          ~アロマと暮らす。しなやかに生きる。~
       shineStillaアロマテラピースクール
からのお知らせshine


この春、Stillaアロマテラピースクールの<精油のお薬箱講座>でも、
”精油でデトックス”のテーマが登場します。
今回のブレンドはもちろん、その他にもレシピをご紹介&解説を行います。
もちろん、デトックスブレンドを教室で実際にお作りいただき、
ご自宅でお使いいただけます。

今回はシーズン限定のテーマです。
ご興味ある方はぜひご参加ください。

clover<精油のお薬箱講座>のご案内はこちらです。
cloverご質問、お申込み、その他のスケジュールのご相談等は、
info@stilla-aroma.com または03-6317-3716 富田まで
お気軽にご連絡ください。

« 昨日の講座の一コマ | トップページ | 2012年4月の講座のご案内 »

Stillaアロマテラピースクール情報」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

フランス式メディカルアロマテラピー」カテゴリの記事

自然療法・代替医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1519542/44491716

この記事へのトラックバック一覧です: 春&秋の【経口用】デトックスブレンド:

« 昨日の講座の一コマ | トップページ | 2012年4月の講座のご案内 »

Stilla_aromaのつぶやき

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

others

無料ブログはココログ